「この気持ちを忘れず」 みつき

12月20日

 今日は待ちに待ったクリスマス会の日でした。
 午前中にバンドの最終確認やみんなにメイクを施す時間が、緊張でソワソワしつつも気分が高まるのを感じました。
 昼食のとき食堂へ入ると、なんとハンバーガーにピザ、ゆずのデザートが。
 豪華なクリスマスメニューがすごくおいしくてうれしくて、これから始まるクリスマス会にさらに胸がドキドキわくわくでいっぱいになりました。

 司会の2人の楽しいクリスマスソングで始まったクリスマス会、NHFのど自慢。
 わたしのチーム「7mm」の番があっという間にやってきました。
 でも、思っていたより冷静に演奏することができて、わたしは曲の中にすっかり入り込めました。終わった後はすがすがしい気持ちがして、お父さんとお母さんの評価があたたかくて、期待をしてもらえたことがうれしかったです。
 また7mmのみんなで演奏をできること、お父さんの詞を曲にできることが本当に楽しみです。

 どのチームもすごく素敵な演奏でした。
 気持ちがズバッと伝わってきて、歌とか楽器の上手い下手ではないなって思いました。
 特に最後のゆりかちゃんチームの『行き止まり』はチームのメンバーだけの気持ちではなく、なのはなみんなの心の叫びのようでした。「キャーーー!」って叫んでたり、ぶっ飛んでいる感じが本当におもしろくて……
 でも 「病気になってよかったよ」っていう歌詞は笑いと同時に少し涙が出そうになりました。
 わたしは、幼いころから既に病気になる道をたどっていたのだと気づいてしまったとき、本当に苦しくて「それなら生まれてこなければよかった」と何度も思っていました。
 でも、「病気になってよかったよ」 って思えたらすごくいいよなあ、最高だよなあって感じて、歌っているゆりかちゃんたちを見て、勇気とか強い気持ちをもらえました。
 わたしも、自分のための、誰かのための世界を作ります。
 なのはなのみんなのように、絶対諦めないです。
 時間はかかっても、必ず「病気になってよかったよ」って笑い飛ばしてやります。

 今日は本当に、たくさん盛り上がってたくさんいいものを吸収できたようで、胸がいっぱいです。
 明日からもこの気持ちを忘れず過ごしていこうと思います。