「表現者になりきって」 なつみ

12月19日

 ついにクリスマス会前日。
 約1か月の練習の成果を、みんなの前で披露する。それはとてもドキドキ、緊張するけれど、チームのみんなと一生懸命練習してきた今までがとても充実していて、本番は、全力で表現することを楽しみたいです。
 恥ずかしがらず、堂々と、表現者になり切ってきたいと思います。
 
 夜には、あゆちゃんにアドバイスを一人ひとりもらって、明日はさらに良くなっていける、進化の過程が面白いし、本番前日に、さらに良くしてけることが、とても嬉しくて楽しいです。
 わたしの課題は、テンポが遅くなってしまうところ。だんだん速くなってしまうのを恐れて、逆に遅くなってしまっています。臆病にならず、ななほちゃんが歌いやすいように、しっかりキーボードの音を聞いて演奏します。
 のど自慢大会みたいに、キンコンカンコンで評価が出るそうで、それでまた緊張倍増なのですが、ぎりぎりまで練習して、最後は神様に祈ります。

 夕方には、みつきちゃんと話ができて、わたしも、もやもやした気落ちが、言葉にすることでスッキリして、明日からまた目標に向かって頑張れるなと思います。
 みつきちゃんも元気を取り戻しつつあるようで、わたしも負けないくらい元気に過ごします。
 みつきちゃんが、悩んでいたり苦しんだりしている時に、こうやって少しでも助けてあげられたり、気持ちを前向きにさせてあげることができて、そんな時は自分が生きてる意味を感じます。自分の過去の傷も苦しみも、まだ見ぬ誰かを救えるのなら、財産にだって成り得ます。そして、みつきちゃんがなのはなの考え、気持ちを理解しようとしてくれているから、分かり合えるのだと思います。
 お父さんお母さん、あと数日の間、もしくは明日にでも、みつきちゃんは、また一皮むけるような、そんな気がして楽しみです。みつきちゃんの、ぶれないまっすぐさは本当に宝物だし、そこが大好きだなと思います。一緒に過ごさせてもらえる時間も、永遠じゃないので、本当に、大事に過ごしていきます。

 今日も一日ありがとうございました。
 クリスマス会。緊張するのですが、みんなと気持ちを一つに、一心同体で演奏したいと思います。
 おやすみなさい。