「理想を持って1音1音を」 えみ

12月17日

 今朝、起きて居室のドアの外を見ると、中庭が一面真っ白になっていて一瞬固まってしまいました。夜から雪が降るかもとは聞いていたけれど、まさか積もるとは思っていませんでした。廊下に出ると昨日にも増して寒かったけれど、外は雪で光が反射しているのかものすごく明るかったです。

 朝食前、まだ雪がちらちらと降ってはいましたが、ハウスの中の野菜の様子が気になって見にいきました。雪は思った以上にさらさらで、長靴で踏むとサクッという優しい音がしました。石生の方が畑から山から見渡す限り真っ白で、写真に撮りたくなってしまうほどその景色が綺麗でした。

 ハウスにも雪が積もっていて中が真っ暗ではあったけれど、そのせいか少し暖かくて中の野菜も凍っていなくて安心しました。畑に植わっているほかの野菜の中には完全に雪に埋まってしまっていたものもあり、大丈夫かなと少し心配ではあるけれど、無事だったらいいなと思います。

*バンド練習
 午前中はバンド練習の時間があり、今日はさとみちゃんもいてくれて音楽室で何度か合わせの練習もしました。一回一回違う気持ちでやってみようということで、さとみちゃんが「思い切り」「怒った気持ちで」「ふにゃふにゃな気持ちで」「曲の気持ちで」などとテーマを決めてくれてそれぞれなり切って演奏しました。実際その演奏がいいか悪いかは気にせず、色々試してみることで幅が広がった気がしました。

 私はベースを担当させてもらっていて、バンドの中ではリズムキープをするのが肝心です。でもどうしてもリズムに自信が持てていない迷いの部分が演奏自体にあらわれてしまっているような感じがしています。チーム全体に向けて、さとみちゃんが自分のパートはこうしたいという理想を持って1音1音を力強く出せるようにしたいねという話をしてくれました。クリスマスの本番までは残り僅かだけれど、もっとバンド全体としていい演奏になるように自分のパートを思い切り弾けるようにしていきたいです。
 本番に他のチームのオリジナル曲なども聞かせてもらえるのが楽しみです。
  
 読んでくださりありがとうございました。