「さやねちゃんとまちちゃん」 ななほ

12月15日 火曜日

 朝、外を見ると白いフワフワとしたものが空を舞っていました。初雪と言って良いのだろうかという位、小さな綿毛のような雪が空から降ってきて、とても心が穏やかになりました。
 午前はなつみちゃんとみつきちゃんに声をかけて、一緒にブロッコリーの収穫に行きました。みつきちゃんに、「歩かせてごめんね、楽しい?」と聞いたら、「楽しい! 私、ブロッコリー育てたい」と言ってくれて嬉しかったです。また徐々に一緒に畑に出られたらいいなと思うし、また一緒に収穫に行けたらいいなと思います。

 卒業生のたかこちゃんも早速、ブロッコリーの収穫へお誘いしたので、是非、なのはなの秋冬野菜の収穫ツアーにご案内したいなと思うし、みんなと一緒に収穫に行きたいだろうなと思って、毎日、収穫リストを作らないといけないかもしれないなとも思います。

 セロリも本格的に収穫が始まり、朝食の席では里芋やサツマイモがたっぷりと入った豚汁をウサギ椀いっぱいに頂けたり、小豆や豪華な朝食に身体が温まりました。収穫の後も落花生のさや外しをしたり、竹運び。ラスト45分は白大豆の選別とかたけちゃんを抱っこしたりして、いよいよなのはなの冬が到来したと感じて、寒いのですが何だかワクワクした気持ちになります。

 午後も大人数で黒大豆の島立ての作業を回ったり、豆拾いに豆殻堆肥作りと、豆の午後でした。畑から畑まではミニランニングをして足と共に、気持ちまで弾みました。私は豆拾いとか、葉落としがすごく好きなのですが、島立ての作業も心の中で誰よりも楽しんでいるんじゃないかという位、夢中になってできて、豆の魅力はすごいなと思いました。保育園東、半分畑、ユズ畑に河原大など、みんなで黒大豆の畑を回って、小さなお家を立てていくのが楽しかったです。

 途中からは永禮さんも来て下さり、永禮さんも一緒に作業ができたり、ジャンケンで勝ってせいこちゃんと一緒に永禮さんのトラックに半年ぶりくらいに乗せて頂き、とても嬉しい気持ちになりました。永禮さんの太陽のような笑顔が嬉しかったし、黒大豆の作業もスムーズに進み、最後は豆殻堆肥を2個も作って、しっかりビニールをかけました。

 やよいちゃんチームと私のチームで分かれて作業をしたのですが、プリンのような山にみんなが乗っている光景が面白く、星の王子様が隣の惑星の仲間たちと遊んでいるような気分になりました。豆殻や落花生の株などを山にした後、米ぬかと鶏糞をテミにいっぱい、その上に良く発酵をした納豆水入りの水をかけて、みつぐわででかき混ぜたらみんなで踏みます。ものすごくたくさんの量の豆殻があったにもかかわらず、みんなで踏むと何十センチと縮んでいき、少し不思議なくらいでした。

 無事に作業が終わって嬉しかったし、永禮さんやたかこちゃん、みんなと作業できた時間が楽しかったです。

・さやねちゃんとまちちゃん

 さやねちゃん、まちちゃん、お誕生日おめでとうございます。
 さやねちゃんの上品さ、穏やかさ、力強さに憧れています。さやねちゃんとお風呂で話す時、さやねちゃんの優しさとか、目の前の事を好きな気持ち、仲間を大切にする気持ちをたくさん感じます。簿記の授業をしてくれる時とか、ダンス練習の時とか、さやねちゃんが自分をゼロにして、みんなの為に色々な事を教えてくれたり、意志を持って動いて、みんなに伝えられる姿が美しいなと思います。

 ウィンターコンサートでもダンスや演劇などでものすごく華やかに、堂々と演じている姿がどこまでも清く感じて、さやねちゃんの眼差しとか、求める気持ち、よくありたいと願い続ける姿が素敵だなと思っています。さやねちゃんの優しい笑顔が大好きです。

 まちちゃんは、いつも優しくて明るくて、まちちゃんの満面の笑みを見ると私まで明るい気持ちをもらいます。みんなの為の優しさ、面白さ、ユーモアを持っていて、まちちゃんが誰にどう思われようと、ただ相手を喜ばせたい、相手を楽しませたいという気持ちだけで演じて、盛り上げてくれるのが嬉しくて、まちちゃんが優しいなと思います。紅白の時とか、お父さんのお誕生日会、なのはな内のイベントでまちちゃんが何かを演じている姿や、最近ではセブンブリッジ大会の実行委員など、まちちゃんの演技やユーモアが楽しくて、面白くて、まちちゃんが仲間で居てくれることが嬉しいです。

 畑作業でも、日々の生活の中でも、まちちゃんの力強さとか相手を思う気持ちをたくさん感じて、まちちゃんが居てくれるだけで嬉しいです。

 責任感が強くて、どこまでもよくありたい、ちゃんと生きたいと願って、なのはなの事が大好きな2人と家族でいられて、仲間でいられることが嬉しいです。大好きです。これからも宜しくお願いします。