「嬉しかったこと、2つ」 なつみ

12月12日

 時間がないので、15分で書こうと思います(何から書けばいいかわからないで、2分経過)。

 今日のお父さんお母さんにお話ししたい嬉しかったことは、2つあります。
 1つ目は、みつきちゃんが「畑に行きたい」と、言ってくれたことです。
 シスターになって3日目くらいに「畑は好き?」と聞いたら「嫌い」と返ってきて、ちょっとグサッと来たのを覚えています。
 午後に白大豆の嫁入りをしているときに、「少し畑作業してみたい?」と聞いたら「してみたい」とすぐ返ってきて、今すぐ走って、畑に一緒に行きたい気持ちになるほど嬉しかったです。まだ体力がなくて、みんなの迷惑になるのが不安だと言っていたけれど、わたしがその分動くので、半日だけとか、ちょっとでもいいので、一緒に作業できたらなと思います。

 2つ目は、ソフトバレーを一緒にできたことです。
 ソフトバレーも、シスターになった最初は「嫌い」と直球で言われてグサッと来ました。
 だけど、今日は「ソフトバレー、行こう!」と声を掛けたら、「うん」と言って、読んでいた本をすぐ閉じて、体育館へ行きました。
 まだ背中が少し痛いみたいなので、無理しないように、いざという時の交代要員としてわたしは出動したのですが、お母さんが少し遅れるそうなので、わたしもお父さん、のりよちゃん、みつきちゃんの仲間に入れてもらってソフトバレーができて、とーっても楽しかったです。

 サーブもできるし、ボールもしっかり返していて、みつきちゃんがボールに触っている姿を見ると、なんだかとてもジーンときます。嫌いって言ってたのが嘘みたいに、笑顔でソフトバレーしているみつきちゃんが、とても素敵だったし、わたしまで楽しい、嬉しい気持ち倍増にしてもらって、とても幸せだなと思います。
 来週のソフトバレーが早く来ないかなぁと、待ち遠しい限りです。

(あと、ハウスミーティングで思ったことも少し。)
「行ってらっしゃい」「おかえりなさい」って言いたい人が家族にいるのは、当たり前かもしれないけれど、当たり前だと思えずに、そこに喜びを感じます。
 帰ってきたい家があって、一緒にご飯を食べる家族がいて。
 それはとても些細なことだけれど、わたしにとっては、とても大事な、大事な幸せです。この気持を大切に、育てたいです。

 お父さん、素敵な歌詞をありがとうございます。
 お母さん、絶対楽しい曲にします。

 今日も1日ありがとうございました。おやすみなさい。