【12月号②】「チームの人と、嬉しさ悔しさ 共有して」 みつき

 古吉野なのはなのグラウンドにて運動会が開催されました。

 血液型でチーム分けされていて、わたしは0型チームでドレスコードは白色でした。わたしはまだ体力も筋力もないし、背中のこともあったけれど、参加することができてうれしかったです。

 多種目リレーでは、わたしはおんぶと風船運びに出場しました。けいたろうさんがおんぶしてくれて、さやちゃんと風船を挟んで走りました。 終わったあとに、さやちゃんが、「みつきちゃんすごいよ! 速かったよ!」と声をかけてくれました。

 

 

 次の種目のゲートボールは、生まれて初めてやるスポーツだったのですごく緊張しました。でも、まえちゃんがアドバイスしてくれて、ゴールに入ったときのみんなの歓声とか声かけがうれしかったです。外してしまったときも、あたたかい雰囲気でした。

 竹取りでは、0型が二回とも勝てて、見ていて興奮しました。普段は優しい穏やかなみんなが豹変して、獲物を捕らえるライオンのようでした。チームの全員がたくましかったけれど、特にのりよちゃんの竹二本取りはとってもかっこよかったです。

 しかし、綱引きでは竹取りのように上手くいかず二回とも負けてしまいました。わたしは引きずられるだけで全く役に立てませんでした。でも「まーえっ」のかけ声で団結できたと思います。

 

 

 そのほか、玉入れとフラフープくぐりもしました。あっという間に結果発表。

 残念ながら、お型は四位でビリになってしまいました。一位はお父さんとお母さん率いるB型チーム。0型の性格は負けず嫌いだと言いますが、ほんとにその通りで、みんなくやしがっていました。なつみちゃんとも、「くやしいね、四位だとは思わなかったね」と言って帰りました。

 ビリだったけど、負けん気が強くてどの競技も全力で、勢いのある0型チームが素敵でした。楽しい時間が過ごせて良かったです。次の運動会までに、筋肉や体力をつけて、もっとみんなと思いっきり体を動かして楽しめるようになりたいと強く感じました。

 夕ご飯の後には、大イチョウの木のライトアップを見に行きました。みんなで夜の遠足に行くみたいで、向かう道中もわくわくしました。

 大イチョウは思っていたよりずっと大きくて迫力があって、こんなに大きなものは見たことがありませんでした。樹齢九百年だそうです。ライトに照らされた幹が太くて、つららのようになっている部分もあり、過ごしてきた時代の長さを物語っていました。そして、周りの木とは違う鮮やかな黄色に、なんだか力を与えてもらったような気がします。

 

大イチョウからパワーをもらいました!

 

 お参りもできて、わたしは、「ここで元気になりますように」と願ってきました。

 外は少し寒かったけれど、心はぽかぽかでした。

 今日一日で、なのはなのみんなと沢山の感情を共有することができました。