「宝石の光」 りな

12月5日

 午前は、最初に収穫・嫁入りの時間がありました。私は、Aチームさんのヘルプでセロリの収穫に入らせてもらいました。
 セロリが植わっていたのは、崖崩れ北側ハウスでした。崖崩れハウスには、ビニール閉めを1回しただけで、ほとんど足を踏み入れていませんでした。でも、実際にハウスに入って、近くで野菜を見せてもらって、本当にセロリが綺麗で感動しました。セロリの葉が、上から見ると畝に綺麗に並んで広がっていて、まるで宝石の光が散らばっているように見えて、輝いていました。
 
 さくらちゃん、みかちゃん、さりーちゃんと一緒に収穫しました。さくらちゃんがセロリの収穫基準と収穫の仕方を教えてくれました。去年も、何回かセロリの収穫に入らせてもらったけれど、今季は初めてでドキドキしました。
 
 茎が湾曲している外葉と、根元からぴよっと生えている小さな脇芽を取りました。セロリにも脇芽があるんだなあと驚きました。
 外葉は、引っ張るようにしてではなく、優しく根元から外します。でも、それがとても難しいなあと思いました。上手くいくと、ポキッといういい音がして、とても気持ちが良かったです。
 
 収穫が終わって、セロリを農産倉庫まで届けました。ハウスの外へ出ると、冷たい空気が刺してきて、改めてハウスの暖かさを感じました。
 
 身体測定も、収穫が終わったころに始まりました。握力は、太鼓が始まったから上がっていてほしいなあと思って、力いっぱい測定器を握りました。この前よりも、少し握りやすくなったような気がして嬉しかったです。右手はあまり変わらなかったけれど、左手は4ぐらい上がっていて、嬉しかったです。でも、30にはいかなくて、もっと力を強くしたいなあと思いました。

 身体測定が終わって、嫁入り作業に参加しました。ホウレンソウを洗ったり、小松菜を洗ったり、水菜を洗ったり、他の畑チームさんの野菜を洗わせてもらいました。本当にどの野菜も虫食いもなくて立派で綺麗だなあと思って、嬉しくなりました。
 ちさとちゃんがセッティングをしてくれていて、野菜の嫁入りが流れ作業で進んでいきました。大人数だけれど、スムーズに作業出来て楽しかったし、ちさとちゃんがすごいなあと思いました。

 嫁入りや野菜のしょうやくが全て終わって、チーム作業の時間がありました。私はBチームのみんなと、キャベツ第2弾の手入れをしました。
 なおちゃんも来てくれて、一緒に作業出来たことが嬉しかったです。今日のメインの作業は、追肥で、化成肥料と牛肥をやりました。他にも、虫つぶしや土寄せもすることが出来て、時間内にたくさんの作業を進められて嬉しかったです。
 
 昼食まで、15分ほどあったので、みんなでハウス間の野菜たちに水をやりました。以前、ゆいちゃんからハウス間には9種類の植物が植わっていると聞いて、とても驚きました。小さい畑だけれど、本当にお宝ハウス間になりそうだなあと思って、ワクワクするなあと思いました。
 奥の、落ち葉堆肥が盛られたところにローズマリーは植わっています。順調に元気に育っていて、嬉しかったです。

 午後は、バンド練習の時間がありました。ななほちゃんとなつみちゃんとみつきちゃんと、オリジナル曲のイメージについて話し合っていました。
 曲のタイトルを決めたら、イメージがしやすいかなと思い、タイトルを必死に考えていました。タイトルとなりそうな言葉は見つかったけれど、まだまだオリジナル曲を完成できるのは遠くに感じて、オリジナル曲を作るのは難しいなあと思いました。伝えたいことをはっきりとさせて、全員が同じイメージを持って進められたらいいなあと思いました。

 その後は黒豆の葉落としに行きました。その前に、やよいちゃんに頼まれて、さくらちゃんとよしみちゃんと崖崩れ道路側ハウスの修繕をしました。
 ハウスの修繕と聞いて、やよいちゃんが書いてくれた、吉畑手前ハウスの修繕の記事を思い出してドキドキしました。さくらちゃんやよしみちゃんがハウスの修繕に詳しくて、一緒に作業出来て嬉しかったです。
 ハウスのビニールを止めるギザギザの針金があって、この針金を取ったり付けたりするのはしたことがありました。でも、この針金の名前を『スプリング』というのは知りませんでした。ハウスの下の側面には、普通のビニールと違って厚みのある黒いビニールシートが張られています。これは、『止水シート』というそうで、今日はこの止水シートをスプリングで止めたり、土を置いて下を留めて、ハウスの防寒対策をしました。

 止水シートは、厚みがあって硬いため、スプリングで留めるのはとても難しかったです。でも、さくらちゃんやよしみちゃんが、マイナスドライバーを使って巧みに留めている姿がとてもかっこよかったです。スプリングをいい長さで切るときは、刃が大きなハサミを使いました。道具を見ているだけで楽しかったです。

 最後に、ビニール巻き上げが出来るように、巻き上げる鉄の長い棒に、側面のハウスのビニールを巻き付けて、等間隔にパッカーで留めていきました。ちゃんときれいに巻き上げられるように、ビニールを巻く長さを同じにして、ビニールの高さが合うようにしました。

 道路側ハウスには春菊が植わっていて、少しでも春菊が暖かくなったらいいなあと思いました。

 そのあとは、黒豆の葉落としの作業に合流しました。いいとこ下、保育園東畑をしました。半分畑やゆず畑は1畝に1人か2人入ってしていたけれど、いいとこ下畑と保育園東畑は畝が長いので、1畝に何人も列になって入って進めました。
 すると、とても速く1畝が終わって、テンポよくどんどん前へ進んでいくのが楽しかったです。
 集中しているとあっという間に5時になりました。やよいちゃんが、あと9枚の畑があるんだと教えてくれました。今年も黒豆がたくさん取れたらいいなあと思いました。

 夜は、念願の子供会議があってとても嬉しかったです。お父さん、お母さん、りゅうさん、あゆちゃん、子供組のみんなと過ごせた時間が暖かくて幸せだなあと思いました。さりーちゃんがスプーンというゲームを教えてくれて、みんなでたくさん遊べたことも嬉しかったし、なつみちゃんやななほちゃんは演劇ゲームという、「んー」という声だけで表現するゲームも楽しかったです。スプーンは、家族みんなでしたらすごく楽しいだろうなあと思って、またみんなで出来たらいいなあと思いました。
 明日も精一杯頑張りたいです。