「集まって」 えみ

12月5日

*黒豆の葉落とし
 午後には昨日に引き続き、大人数で黒豆の葉落としの作業をさせてもらいました。昨日はゆず畑と半分畑の一部までやり、今日はその続きで半分畑、新いいとこ畑、保育園東畑の3枚を回りました。
 
 何人かの人が、葉落としをするときに黒豆の枝の関節が外れるようにぽきっと折れる感覚が気持ち良かったと言っていて、昨日はあまりそれが分からなかったのですが、今日やらせてもらってそのことに気づいたときにはなるほどと思いました。枝の節を、ついている方向と逆に力を入れると、全然力を入れずとも外れてその感覚にはまってしまうなと思いました。でも、ついている葉を全て枝から落とそうとすると時間がかかってしまうような気がして、途中からは上の方の枯れた葉を最初にとにかく取って、それから下の方についている青い葉を取るようにすると少しやりやすかったです。まだあまりコツがつかめていないので、もう少し早い方法を見つけたいなと思いました。
 
 大人数いたので、今回は半分に分かれて1畝に入り、1畝ずつ終わらせてから次の畝に入るというやりかたでやりました。葉落としはものすごく夢中になれて、何かにとりつかれたようにひたすら葉をむしり取っていると、だんだん乱暴な気持ちになってきました。けれど、終わってみるとすっきりとして晴れ晴れとした気分になれたなと思いました。
 今年は黒豆の畑が多くて、まだ残り9枚もあるそうです。黒豆がちゃんと乾燥していい形で収穫できるように、残りも頑張りたいです。

*子供会議
 夜には、久しぶりに子供会議の時間がありました。お父さん、お母さん、それからあゆちゃんとりゅうさんも来てくれて、みんなで遊んだ時間が楽しかったです。

 今日は2つのゲームをしました。1つは、サリーちゃんが教えてくれたスプーンというゲームです。ルールは、スプーンを人数マイナス1本用意して、机に並べます。それから、トランプをそれぞれ4枚ずつ配ります。親を1人決めて、その人が山札から1枚ずつめくっていくのですが、4枚のカードの数字がそろうようにしていって、いらないカードであればどんどん隣の人に回していきます。最初にそろった人がこっそりとスプーンを取り、それに気づいた人もとっていって最後にとれなかった人が負けというものでした。すごくシンプルなルールなのですが、カードを集めることについつい夢中になってしまうと意外とスプーンが取られたことが分からなくて、気づいたときにはテーブルの上に半分ほどしか残っていないということもありました。なのはなのみんなでやる時にはスプーンでなくても違う道具を使ったり、集めるカードの枚数を変えたりもしたらより楽しめそうだなと思いました。すごく盛り上がったので、またみんなでもやってみたいです。
 
 2つ目は演劇ゲームといって、お題が書かれた紙を1人ずつ引いて、それにちなんだ「んー」を声だけで表現して他の人にお題を当ててもらうというものでした。例えば、ふかふか布団にはいっての「んー」とか、考え込んでの「んー」、納得の「んー」などがあり、ジェスチャーをつければすぐわかるものでも、声だけとなると表現するのが難しかったです。私はちょっと違うなの「んー」のカードを引いたのですが、言った瞬間にやっぱり違う風にいえばよかったと後悔しました。でもみんなの「んー」を当てるのは面白かったです。
 
 私はもう来年は20歳になってしまうので、子供組として子供会議にでられるのはもう何回かしかないのかもしれないけれど、みんなで集まって遊べた時間が楽しかったなと思いました。

 読んでくださりありがとうございました。