「基本に忠実に」 なつみ

12月5日

 ゆずの加工の作業に入らせてもらって、河上さんと作業させていただける時間はとても学ぶことが多くて、貴重な時間だと大切に感じます。
 場所の使い方や、道具の準備がとても大事だと教えていただくのですが、わたしはその辺りが弱くて、物がないとか、場所がないとか困ってから動き出すという感じで、中々苦手です。
 せっかちなところがあるなぁと、前から薄々感じていて、これはどうしたものかと、河上さんがとても大事にしている工程を、自分は大事にできていないというところに問題を感じて、お父さんにHMで質問できてうれしかったです。

 このせっかちは、結果を求めている、利益を求めていての事だと教えていただきました。作業を終わらせるために、早く作業に手を付けたい、早く動き出したい、そんな気持ちが強くて、せかせかしてしまっていました。
これからの自分のモットーは上記に基づいて、「基本に忠実に」とします。まず、基本ができてから。お父さんはそうおっしゃっていました。
 自己流にしない。地盤を固めてから動き出す。せっかちをやめて、用意周到に、基本を守って動いていきたいと思います。

 質問していると、自分は叱られるのを恐れているように感じます。
 質問に甘えがあって、自分を守ろうとしている、そう思います。ダメな自分を隠したいような、隠さなきゃと思って、わけわからない質問になってしまって、肝心要がわかりません。前にお父さんが言っていたように、わたしはもうお里が知れている身なので、この際腹をくくって、できていない所をできるように、未熟な部分を良くしていけるように、わかりやすく質問できるようになりたいと思います。

 毎日HMに参加させてもらって、笑える話もあれば、胸に刻まなきゃと思う言葉もあって、特に今日は、自分のモットーができて、明日からまた気合が入りそうです。
 お父さんのお話をたくさん聞ける時間が嬉しいです。

 今日も一日ありがとうございました。
 みんなで一つの机をギューギューに囲んで、遊ぶのは温かくて、心が柔らかくなったように感じます。新しいゲームがとても面白くて、またスプーンも演技もやりたいです。
 おやすみなさい。