「オレンジ色になって」 みつき

12月5日

 久しぶりの日記です。
 12月。師走。気がつけばもう2020年が終わるのかと思って、不思議な感じです。
 朝、目を覚まして廊下を歩いていると、窓の外は霧で真っ白でした。それを見て、今日は晴れるんだなとわかって良い気持ちでした。

 午前中に身体測定があって、握力が1か月前よりも強くなっていました。
 なつみちゃんが、「握力は気持ちの強さを表してるんだよ」というのを教えてくれたので、とても嬉しかったです。
 最近、時間を決めて、背筋を鍛えるためのトレーニングも始めました。これで少しでもダメージを受けにくい身体になってほしいなと思います。

 なつみちゃんとの散歩も日課になってきて、寒い日が続いていますが変わらずに歩いています。話したり、いっしょに歌ったり笑っていると楽しくて、1時間くらい歩いてしまうときもあります。
 ちょっと歩くのもしんどくて、すぐ息切れしていたのがだいぶ前の話のように感じてしまいます。
 
 上り坂を難なく上って、にんじん畑に行って観察をするのも日課です。
 にんじんはすくすく成長していて、葉っぱも立派になってきて苗同士が窮屈そうでした。
 根は、もうオレンジ色になっていて、出来上がってきているようです。

 帰り道、「にんじんは1月後半に収穫できるかな」となつみちゃんが言っていました。
 それを聞いて、わたしもその頃にはもっと元気になって、立派なオレンジのにんじんと会えたらいいなと思いました。