「にじいろ」 ななほ

12月4日 金曜日

 

 今日はしほちゃんのお誕生日でした。なのはなに来た時からずっと、いつも助けてくれて、笑顔で居てくれて、しほちゃんの優しさに何度も救われたなと思います。しほちゃんと畑に出られること、一緒にダンスをしたり、イベントができること。本当にしほちゃんの優しさとか、穏やかな雰囲気。明るくて、元気で、ビタミンのようにパワーをみんなに分けてくれる姿が綺麗だなと思うし、しほちゃんと一緒に居られるのが嬉しいです。
 粘り強くて、面白くて、絶対に諦めない姿勢や努力を惜しまない姿に憧れています。しほちゃんの事が大好きです。これからも宜しくお願いします。

 

・Cチーム作業と豆

 午前はレタスの収穫や嫁入りの後に、レタスの牛肥はぐり、ブロッコリーのムシ潰しなどをしました。なおとさんがアスパラの焼却をしていたので、久しぶりにリーダーをさせて頂いていたのですが、無事に目標の作業を終わらせることができて良かったです。レタスの牛肥はぐりでは、目的をはき違えないように、レタスに優しく、畑に優しく作業ができました。ブロッコリーのムシ潰しも、あまり虫は多くなかったのですが、徹底的に虫を退治して、ブロッコリーをより美しく育つように手入れができて嬉しかったです。
 また、数日前に写真で撮った菊が花開いていて、やっぱり菊に憧れのような、尊敬の念を感じるのはなんでなんだろうなと思いました。

 

 そして午後は、小豆の株の撤去から始まり、やよいちゃんが最初に「この作業を一言で言うなら、ストレス発散」と言っていて、何も考えずに力を入れて、ただひたすら株を抜いていくのが気持ち良かったです。株を抜くのはあっという間に終わってしまい、その後は2チームに分かれて株を燃やすために山にしました。
 チーム分けでは「餡バター派か、餡ホイップ派」で分かれたり、「卵なら甘いかしょっぱいか」。「新婚旅行に行くなら地中海かハワイか」、「結婚をして最初に作りたいのは、オムライスかハンバーグか」などみんなが考えてくれるお題も面白く、多数決のように分かれるのがとても楽しかったです。

 河原小、河原上、第一鉄塔に山畑。とばしさんと大きな小豆の畑を回り、無事に全部終わった時は清々しい気持ちがしました。途中、やよいちゃん達がハウス締めに行っている間、私が進めさせていたのですが、秋冬の温かく落ち着いた空気の中、猛スピードで作業が進んで行くのが嬉しくて、こんなにも心が弾む遊びもないだろうなと思いました。
 作業中、ふと顔をあげたら虹のかけらが見えて、昨日に引き続き虹を見られたのが嬉しかったし、「虹が出ているよ」と伝えると、みんながわっと顔をあげて優しい笑顔をしていて私も優しい気持ちになれました。とばしさんの畑が終わった後は、少し畔で休憩したり、寝転んで空を見上げて、その時間も嬉しかったです。
 そしてラストは黒豆の葉落とし。畑から畑まではランニングをしたのですが、3つのお題回しもすることができて、私の中にある細胞が楽しそうに笑っている様に感じました。「作ってみたいお節料理」や、「年末年始にやりたい遊び」。「自分を曲に例えると」など今のなのはなにピッタリのお題回しで、みんなのお題を聞かせてもらえたのも嬉しかったし、曲は難しかったのですが、最近の気持ちとして「にじいろ」と答えました。

 早くお正月が楽しみだし、クリスマス会に紅白に、お餅つき。セブンブリッジ大会や子供会議もしたいし、何もかもが楽しみで、ここ数日は遊ぶ事しか考えていないようにも感じます。特に最近は何かに飢えているような感じがして良い意味でも、少しワガママな意味でも、大人になる成長段階なんだろうなと思って、私は上下の上か下しか無く極端だけれど、思いっきり楽しもうと思いました。
 葉落としも究極の爽快さを味わえる作業で、とても楽しかったし、グレーに暑く広く広がる雲と雲の隙間から見える、何よりも輝いたオレンジ色の夕日が美しかったです。今日もありがとうございました。