「無我夢中」 つき

12月3日

 午後は、ジャガイモ掘りがありました。ジャガイモ掘りをすると聞いた途端、夏に皆で猛スピードでやったジャガイモ掘りが一瞬のうちに蘇ってきました。
 あまり心の準備ができていなかったので、畑に向かう道中で気持ちを作っていくと、楽しみな気持ちがどんどん膨れていきました。夏にジャガイモ掘りをしたときは、今まで感じたことのないような楽しさを感じて、心に深く刻み込まれ、今でも鮮明に覚えています。

 畑に着くと、やよいちゃんが4人1組のグループを組んでくれました。私はあゆちゃん、なおとさん、かにちゃんのチームに入らせていただきました。なおとさんとかにちゃんは夏に1番早いチームだったし、あゆちゃんも絶対に早いに決まっています。だからそんなチームに入れていただけるなんて、凄く光栄でした。私で大丈夫かな、とも思いつつ、なんだかよりやる気が出てワクワクした気持ちになりました。

 今日のジャガイモは、アンデスとデストロイヤーでした。掘ってみると、濃い鮮やかなピンク色の芋が凄くきれいでした。なおとさんとあゆちゃんが掘ってくれて、かにちゃんと私で回収をしていきました。やはり、なおとさんとあゆちゃんの掘るスピードはとても速く、追いつくのが大変でした。必死に2人を追いかけながら無心になって芋だけを追いかけていくのはやっぱり何とも言えない楽しさがあるな、と思いました。

 あうんの呼吸のように4人で掘っていくることが嬉しかったです。なおとさんとあゆちゃんは、出てくる芋の大きさや量に応じて私たちの方にスコップで渡してくれるように土を落としてくれたので、回収もとてもやりやすくて、凄く助かったなと思います。時には回収している私の手の上に土がバサッとかかったり、かにちゃんと頭がぶつかったりしましたが、それも楽しさに変わっていきました。むしろ土がかかるのも嬉しいくらいだったな、と思います。後半はかにちゃんと頭がぶつかっても何も言わずにただただ回収をしていき、2人とも無我夢中、という感じでその空気感もおもしろかったです。

 予定では掘る範囲は1部分だけでしたが、皆がとても速かったので全部掘ることができました。芋の付きはあまり良くなくて、収量的には少なめだったのかなと思うのですが、達成感があってとても楽しかったです。あゆちゃんとも一緒に作業ができたことがすごく嬉しくて、あゆちゃんの明るい空気を感じながら同じチームでジャガイモ掘りをさせていただけたことが本当に嬉しかったです。改めてあゆちゃんとの作業が好きだな、と思いました。

 夜の集合でゆいちゃんが演奏してくれた自作の曲がとても素敵でした。「お父さん、お母さん、皆のことを思いながら作りました。」といってくれて、聞いていると凄く感動しました。共感できるところばかりでした。自分もこういう風に感じて日々を過ごしたいな、と思ってゆいちゃんの気持ちがすごく嬉しかったです。またお父さんもいらっしゃるときに一緒に聞きたいな、と思います。