「強くて逞しい自分に」 ふみ

11月30日

○今の気持ち

 お父さん、お母さん、先日のハウスミーティングのときに、お父さんが卒業生のまゆみちゃんの高校転入の手続きの話をしてくださったとき、お父さんは、自分のための正義ではなく、どこまでも人のために正義を持っていることを感じて、私もお父さんのように、人のための正義を持ちたいと思いました。まゆみちゃんのために、本当の正義を貫くお父さんがかっこいいです。
 自分を守るための正義ではなく、人のための正義を持って生きていきたいです。

 まゆみちゃんの話だったけれど、お父さんはみんなのお父さんだから、みんなにも同じスタンスなのだと思うと、自分も例外ではないのだと思えて、まゆみちゃんの話を聞かせてもらったとき、すごく大切に守ってもらっているのを感じました。
 お父さんの目は優しくて、ハウスミーティングの時間がとても嬉しかったです。
 まだまだ未熟だけれど、私も大切な人を守れるように、強くなりたいです。

***

 最近、太鼓の練習がお休みなのですが、毎週水曜日の夜に、りなちゃんとゆきなちゃんと太鼓の練習をしていて、かけ声を出すときに大きな声を出したり、太鼓で大きな音を出したりすると、気持ちが正されるような気持ちになります。
 腕の力もついてきて、気持ちも太鼓を始める前より安定してきたように思います。私は気持ちが弱いところがあるから、太鼓をやって気持ちも身体も強くなります。
 お父さんのように大切な仲間を守る正義と強さ、お母さんのように勇敢で、潔く、いつも人のために全力で進んでいく強さと願う気持ちを持ちたいです。

***

 まりなちゃんがなのはなに来てくれました。以前に、アセスメントに来てくれて、一緒に話したことがあったので、来てくれて嬉しかったです。
 私自身も、なのはなファミリーに来たとき、シスターさんにたくさん助けてもらって、優しくて、どんなときも気持ちを沿わせてくれて、一緒に前に進もうと引っ張ってくれて、たくさん助けてもらってきたことを思い出しました。
 少ししんどいなと思ったときも、話を聞いてくれて、いつも明るい方に、希望がある方に引っ張ってくれて、シスターさんの気持ちを私も繋げていきたいです。
 今でも、シスターさんが笑顔を向けてくれたり、畑から帰ってきたときに、「おかえりなさい」と声をかけてくれたり、少し話しをするだけで元気になります。私も少しでも力になれるように、目の前の人にちゃんと気持ちを向けて、誠実に向かっていきたいです。

 

 今日は、誕生日でした。最近、生きていることが楽しいと感じていて、それは、お父さん、お母さん、みんなの力で変えてもらった気持ちだと思いました。
 こんなに毎日が楽しいと感じられるのは初めてな気持ちです。嫌なことや失敗や不安なこともあります。それでも、私はお父さん、お母さん、みんなのことが好きだから、好きな気持ちがあると、頑張ろうという心のスイッチみたいなものが入って、自分の行動や言動を改めていこうという力になります。

 みんなのお祝いの言葉が嬉しかったです。みんながいるから、変わりたいと思えて、みんなから感じた気持ちを、まだ見ぬだれか、人のために繋げていきたいです。

『先をよんで、積極的に。すぱっとした、強くて逞しい私になる』
 お父さん、お母さんの言葉をちゃんと自分のなかにいれて、変わっていきます。みんながいるから、大切な仲間がいるから変わりたいと思えて、人のために力を発揮できるように強くなります。
 とても嬉しい1日でした。今日一緒に仕事をした人、お父さん、お母さん、みんながお祝いしてくれたことに感謝して、明日からまた頑張ります。ありがとうございます。