「タイムスリップ」 えみ

11月29日

*玉ねぎの植え付け
 今日1日は、朝から晩までタイムスリップしてしまったかのように本当にあっという間に過ぎていきました。10時半から4時半近くまでの約6時間、山小屋にいたのがすでに遠い昔のような感じがして不思議です。
 Bチームさんが種まき後からずっと手入れをしてくれていた玉ねぎの苗、その数およそ2万株。今日はそれを山小屋のおじいちゃんからお借りしている2枚の畑にすべて植え付け、水やりをするまでがミッションでした。りゅうさんの運転する新しいキャラバンに乗り、定植をする畑のある山小屋まで向かいました。
 
「今日は植え付けが終わるまで帰れません!」というまえちゃんの一言で今日の作業は始まりました。その後、今日のテーマの発表がありました。今日は基本に忠実に、畝の立て方から定植の仕方までみんなでもう一度確認をしてやろうということでした。玉ねぎにはマルチシートを使うので、その幅にあった畝幅にすること。かまぼこ型の畝にするときには、どこか1か所に水が溜まってしまわないよう、特に畝の端は一部高いところがないように綺麗にならすこと。植え付けの仕方では、根が地表に出ないようにしっかりと埋めて、苗の白い部分が半分くらい隠れるくらいまで埋めてあげるのが丁度いいと教えてもらいました。最初にこうやってみんなでテーマを確認できたことで、今日一日とても作業がやりやすかったように感じます。

 私は、サリーちゃんとペアで植え付けをさせてもらいました。玉ねぎの苗は、液肥入りの水やりの効果なのか、どれもぴんとしていて根も太く張っていて立派なものばかりでした。根が長すぎて、土に埋めるのが大変だったくらいです。ここまで手入れをしてくれたBチームさんたちがすごいなと思ったし、これならいい玉ねぎに育ってくれそうだなと思えて嬉しかったです。それに、おじいちゃんの畑は土がとてもさらさらで手で簡単に穴をあけることができました。土質的にも玉ねぎにぴったりなのかなと思って、どんなものができるのかこれからが楽しみです。

 今日は20人での作業だったので、2万株となると1人1000株以上植える計算になります。その数字を聞くと最初は途方もないような感じがしたけれど、実際やっていると楽しくて終わってみるとあっという間でした。最初は1株植えるのになかなか根を綺麗に埋めることができなくて四苦八苦したのですが、くるりと苗を回すようにしながら穴に入れると上手くいくというコツをつかんでからはだんだんとスピードも出てきました。でも、後ろで植え付けをしていたゆいちゃんとまりこちゃんのペアのスピードはびっくりするくらい速くて、一瞬ぽかんとしてしまうくらいでした。
 
 昼食前に1枚の畑の植え付けを終わらせる目標でやり、ちょうど終わったところで、みんなで畔に座っておにぎりを食べました。山の方の紅葉を眺めながら取るお昼ご飯はいつも以上に美味しく感じられました。ずっとしゃがんでの作業だったので腰が痛くなっていたのを、みんなで斜面に寝転んで伸ばしたのもその光景が面白かったです。
 
 午後は2枚目の畑の植え付けに入り、3時15分ごろに終わってからみんなでジョーロを使って水やりをし、最後にもみ殻燻炭を苗1本1本の周りに撒いていきました。予定では4時半くらいにすべて終わったらいいなというくらいだったのが、何と4時過ぎには終わらせることができて、達成感があって嬉しかったです。
 
 充実した1日が楽しかったです。読んでくださりありがとうございました。