「嬉しかったニュース」 ななほ

11月26日 木曜日

・大好きなチーム

 朝食前はなおとさんからミッションを与えられ、のりよちゃんやCチームの合計5人でブロッコリーの手入れをしました。今朝は霧が濃く、一気に気温が下がった様に感じて最低気温が7度を下回っていたのですが、冬野菜達はようやくやってきた寒さにホッとしている様でした。ブロッコリーの作業は牛肥を詰める所から始まり、畑に着いたらネット開け、草はぐり、土寄せから始まり、約1時間15分の戦いが始まりました。

 今回は第3弾のブロッコリーに、化成肥料を3本指でひとつまみ、牛肥を両手ひと掴みぶん、円状に追肥をしました。私は追肥以外の作業は早い自信があるとお正月の罰ゲームで俳句にした覚えがあるのですが、少しずつ追肥もスムーズに進むようになって良かったなと思います。でもまだ、のりよちゃんとかまりこちゃんとかには敵わないくらいなので、目標を高く持って、自分の中の絶対スピードを速くして生きたいなと思います。

 えりさちゃんとせいこちゃんに化成肥料を追肥してもらい、私とのりよちゃんとなつきちゃんで牛肥の追肥。朝食の30分前からは私とえりさちゃんは追肥から抜けてネット掛けに入りました。本当はみんなで同じ作業をしようかなと思っていたのですが、時間と作業効率、作業工程を考えて2人でネット掛けを進めました。頭の中で「この判断が吉と出るか、凶と出るか」と不安な気持ちもあったのですが、プラスアルファで根切りウォールも切りよく進めることができて嬉しかったです。

 Cチームのみんなと作業をする時の空気、スピード感、気持ちがいつも揃っていてすごく一緒に作業をしていても嬉しい気持ちになるし、なおとさんがCチームの集まりをCチーム会議としてみんなで温かい空気を作れるように考えてくれて、そのお陰でCチーム全体が穏やかで嬉しいなと思います。

・秋ジャガイモ掘り

 午前は山畑下の秋ジャガイモ掘りをしました。秋ジャガイモは作るのが難しいと言われているのですが、今年から新しく育てる品種のジャガイモは大玉のジャガイモが沢山収穫できて、皮も薄く、美人肌でした。うすい肌色ですべすべとした肌のジャガイモ。山畑西はお父さんやみんなと開墾をしたての畑で、ものすごく土がフカフカで、サラサラしていて、ジャガイモに合っている様に感じました。

 綺麗なジャガイモが沢山掘れて嬉しかったし、ものすごく朝から楽しみにしていて、ワクワクしていたので、ジャガイモ掘り日和が嬉しかったです。ジャガイモ掘り自体は37分で終わってしまう少し物足りない気持ちがしたのですが、また滝川横のジャガイモ掘りが楽しみだし、今回のジャガイモは本当に皮が薄いのでジャガバターにしたら美味しそうだなと思いました。

 古吉野に帰って来てからもみんなでコンテナやスコップなどを綺麗に洗ったり、ジャガイモを干して、あやかちゃんと食堂に飾る用のジャガイモを用意したり、ジャガイモを見ているだけで明るい気持ちになりました。ジャガイモ掘りが予想以上に早く終わったので、残りの時間でチーム作業も進め、ブロッコリーのネキリウォールを全畝終わらせることができて良かったです。

・嬉しかったニュース

 夜にはるかちゃんが偏光板を見せてくれて、偏光板でパソコンの画面を見ると、真っ暗で自分の顔が映っていました。パソコンなどの光の波で波が同じ方向だったら見えるけれど、垂直になったら見えない事を教えてくれて面白かったです。また、虹が丸く見えるのは雨が丸いからだそうで、四角い雨の四角い虹も見てみたいなと思ったり、虹が出る高さが時と場合によって違うのは何でなのか気になるなと思ったし、ヒョウが降った時に虹が出たらどんな風になるんだろうなと思いました。

 夕食後に頂いたおぜんざいも甘くて美味しかったし、小村さんとの草刈りのお話とか、お父さんのお話もたくさん聞かせて頂けて安心した気持ちになりました。今、なおとさんやえりさちゃん達と少し話したり、根切り虫がアメリカにもいる事とか、音楽のこととかを話した時間が面白くて嬉しかったです。今日もありがとうございます。おやすみなさい。