11月26日(木)「開墾した畑で、秋ジャガイモ掘り」

11月26日のなのはな

 今年新しく開墾したばかりの山畑下に、この夏植え付けた秋ジャガイモ。農林1号という男爵系の品種は、順調に芽を出してくれて、いよいよ収穫できるサイズまで成長しました。
 今日は、午前中に大人数で1枚分の畑のジャガイモ掘りをしました。
 3人1組になり、2人はスコップをもってどんどん掘り進め、1人は補助として掘りあげられたジャガイモの土を落としながらコンテナに入れていきます。

 私はまことちゃんとペアになってスコップで掘っていき、それをかにちゃんが回収してくれました。農林1号は葉や茎が立派に育っていて、それをかき分けるようにして畝の両端から株元にスコップを入れていきました。開墾したての畑なこともあってか、土がとてもふかふかでした。まことちゃんと「せーの!」と息を合わせながら土に差したスコップをぐいと下に下げると、土の中から白くて大きなジャガイモがゴロゴロと出てきました。ソフトボールくらいのビッグサイズのものも多く、思わず「大きい!」と声に出してしまいました。男爵系の芋なので株元に固まってついていて、傷芋を出さずに収穫できたのも気持ちが良かったです。

 

PB268233

PB268241
〈山畑下は今年の初夏、一面に生えていた笹を刈り、ユンボやみつぐわで根を掘り出して、開墾した畑です〉

PB268246

PB268244

 

 37分ほどで掘り終えることができました。今日収穫できたのは約390キロ。秋ジャガイモは休眠期間や寒さの関係で芽が出にくかったりもして、作るのが難しいそうです。今年は新しい品種が畑とマッチして豊作だったのかなと思って嬉しかったです。
 秋ジャガイモは他にも滝川横・奥の2枚で違う品種を育てていて、後もう少ししたらそちらも収穫する予定です。とれたてのジャガイモをまたみんなと頂けるのも楽しみだなと思いました。

(えみ)

 

PB268282
〈スコップや軽トラックも綺麗に〉

 

 

 ジャガイモ掘りから帰ったあとは、チームごとに畑の手入れをしてお昼を迎えました。午後には、アンサンブル練習、音楽祭のためのバンド練習や、山小屋便りの編集などの活動が進みました。
 また、いつも田んぼや畑について教えてくださる地域の方との草刈り作業へ行った人もいて、夕飯時のお土産話からは、その方がさまざまなことを教えてくださったことや、なのはなの子を好きで大切にしてくださっていることを知ることができて嬉しかったです。

 

IMG_9667
〈夜の音楽のコーナーでは、バリトンサックスによる演奏や、 キーボードにのせた歌が披露されました〉