「気持ちのいい季節」 ななほ

11月23日 月曜日

 昨日の事になるのですが、朝からナスの撤去の作業をさせて頂いて、1つ1つの工程がとても楽しかったです。スズランをバシィ、バシィと切り進めていく爽快さとか、竹を引き抜いた時の気持ち良さ、竹を2人1組で畑から古吉野まで5、6往復したのも久しぶりで、外が温かく気持ちが弾みました。なおとさんやのりよちゃんが軽トラック部隊で竹の選別もしてくれて、選別した流れで、まえちゃん達がグラウンドで使えない竹も一緒に燃やしてくれて有難いなと思ったし、その間にナスの株を残ったメンバーで掘り起こして、運び終えることができて達成感を感じました。

 ナスを抜くのは少し悪いことをしている気分だったのですが、進むにつれて罪悪感も無くなって、今の自分の心にピッタリくるような少し反抗的で、力が出て、でもどこか寂しいような気持ちを全て包み込んでくれるようなワクワクがありました。なおとさんやのりよちゃん、りゅうさんとか竹の選別部隊の分を残しておけば良かったなと後で思って、申し訳なかったなとは思ったのですが、15分も掛からずにみんなとナスを山にする所まで進められて良かったです。

 その後はナスが高畝で、中間に溝もつけていた為、みんなで畝崩しを行いました。畝崩しをするのはものすごく久しぶりだったのですが、スコップと鍬を使って畝を崩すのが、少し固いのですが道具が壊れない程度に全身を使って崩すと、ものすごく綺麗に短時間で崩れていきました。なおとさんが1回で畝全体を崩しているのを見て、私も真似してみたのですが、最初は難しかったけれど、波に乗るとテンポよく進んで気持ち良かったです。

 11月下旬というのに、ズボンも上着も湿ってしまう位、汗でビショビショになっていて「あれ、今日は寒かったはずじゃなかった?」と自問自答してしまう位だったのですが、汗をかくのもスッキリするなと思います。その後もナスの追肥でリニューアルを繰り返した元牛肥の山を畑に広げていて、最初は個人走だったり、バケツリレーダッシュで前半でへとへとになり、汗だくになりました。

 元牛肥は水分も多く含んでいたので鶏糞よりも重たく感じたのですが、みんなと久しぶりにバケツリレーできたのも楽しかったです。一通り、畑前面に牛肥をたっぷりまいた時点で、まだ山の3分の2が残っている状態だったのですが、途中で水分補給もして、後半に入りました。最初は2人が牛肥をテミに詰める人。2人が牛肥の山から畑の中の農道までを運ぶ人、残りの4人で牛肥を畑に広げていきました。そのシステムも驚くような速さで前半より2倍くらい早くなったのですが、ラストはみんなでテミに牛肥を詰めて、みんなでテミを軽トラックに乗せ、なおとさんが軽トラックを畑に移動してくれたら、みんなで牛肥を撒く方法になりました。

 なおとさんのバックを見るのは少し緊張したのですが、なおとさんの運転技術もすごくて、安全に順調に軽トラックの往復も進んで良かったです。みんなで詰めるのもあっという間で気が付いたら終わっている様な感じだったし、どんどん牛肥の山が小さくなっていきました。そして一番楽しかったのは、牛肥撒き。牛肥を叫んで撒くのが楽しくて(私しか叫んでいないかもしれませんが)、畑でなら思いっきり叫んだり、声を出せるのが嬉しいなと思ったし、最高に気持ち良かったです。無事にナスの撤去が終わり、午後にはトラクター掛けもしてくれていて、トラクターがかけやすかったらいいなと思いました。

 

・念願の落ち葉集め

 朝から雨が降り続き、落ち葉集め中止の放送が。朝食を食べてから落ち葉集めの気持ちを作って、シャカシャカのズボンにピンクジャンバー。手袋も身に着けて準備満タンだったので、少し残念でした。
 そのまま、けいたろうさんやまみちゃん達とサツマイモの選別をしていたのですが、見る見るうちに空が晴れていき、「もしや」と思ったら、落ち葉集め再開の放送が。
 ものすごく嬉しくて、思わず「やったー」と叫んでしまいました。

 大好きな落ち葉集め。今回はスペシャルな大井が丘コースです。大井が丘に向かうまでの道のりも、至る所で紅葉が進んでいるのが見られて、秋も好きだなと感じました。私は一度通った場所は覚えている、とは言い切れないかもしれませんが、道を覚えたりドライブが大好きなので(まだ車の運転ができないので、早く18歳になりたいです)、本当に大井が丘までの道のりが楽しかったです。

 去年も何度か大井が丘に行かせて頂いたり、落ち葉集めで湯郷や山小屋なのはな高速道路などの方に行っていたのですが、やっぱり大井が丘の姿が見えると懐かしいような安心した気持ちになりました。大井が丘の景色に、「お帰りなさい」と言って貰っているような気持ちになったし、秋休みで遊びに来た様な感じで嬉しくなりました。

 落ち葉集めは集め部隊、運び部隊、踏み部隊などで分かれて作業をして、私はひたすら熊手で落ち葉を集めていたのですが、落ち葉のじゅうたんがどこまでも広がっていて嬉しくなりました。熊手部隊が私とのりよちゃんの2人だったのでドキドキしたのですが、エルフに追いつかれそうになって、大急ぎで進んでを繰り返すのも面白くて、無事に追い抜かされることなく進められて良かったです。

 本当に大井が丘の空気が気持ち良くて、どこまでも身体が動いて全力が出せたし、みんなでできたのが嬉しかったです。最後、お父さんとお母さんのお家も少しだけお邪魔させて頂けて、お父さん拘りのスピーカーの音響がものすごく素敵で、小さなホールに居るような、大自然に包まれたような迫力と豊かさを感じました。大井が丘はどの家も可愛くて、魅力的で、私も住みたくなってしまうなと思ったし、私が大人になる頃には大井が丘付近がなのはな村になっているかもしれないなと思って、毎日外で落ち葉滑りもしたいし、焼き芋も焼きたいし、ただお散歩するのも楽しそうで、また落ち葉集めができたらいいなと思いました。

 少し書ききれないのですが、もうすぐ消灯だし、今からなつみちゃんとみつきちゃんと絵しりとりもするのでここまでにします。今日もありがとうございました。(今夜のソフトバレーで全勝することができて最高に気持ち良かったです!)