11月23日(月)「宝の絨毯、広がる道で」

11月23日のなのはな

PB230002

 

 雨上がりの大井が丘は、どこか静かで優しい雰囲気が漂っていました。今季初めての大井が丘での落ち葉集め。
 今回は午前、午後と2チームに分かれて落ち葉集めに出かけました。
 私は午前のチームで出発したのですが、朝から小雨が降り続き、一度は中止の放送が。
 朝から落ち葉集めの気持ちを作っていたので、少し残念な気持ちになっていたのですが、お天道様が味方をしてくれて空が見る見るうちに晴れていきました。

 

 

PB230013

 

 

 エルフ(1.5トントラック)や軽トラックに荷物を乗せて、再出発。大井が丘についた頃には、空がカラッと晴れて、雨上がりの香りと落ち葉の甘い香りが辺りから広がっていました。
 なのはなファミリーにとって、秋冬の一大作業となっている落ち葉集め。なのはなのお父さんとお母さんも一緒に、家族みんなで大井が丘をまわり、落ち葉を集めていきました。
 落ち葉集めでは、地面に落ちている落ち葉を熊手を使って山にする人、山になった落ち葉をテミに入れて運ぶ人、
 その他にエルフに積んだ落ち葉を踏んだリ、集め終わった道路を掃除する人などに分かれて行います。

 

 

PB230014
〈雨で湿った落ち葉は集めにくいかと思われましたが、かさが減るおかげで、たくさんの量を一度に集め、積み込むことができ効率的でした〉

PB230007

 

 

 私はのりよちゃんとゆいちゃんと熊手や鋤簾を使い落ち葉をひたすら山にしていく部隊だったのですが、前に進めば進むほど、落ち葉のじゅうたんが広がっていました。
 大井が丘の落ち葉は質が良く、赤や黄色に紅葉して、場所によっては赤ちゃんの手のような小さな紅葉(もみじ)だけが一面に広がっている場所もあり、感嘆の声が漏れてしまう程でした。

 

 

PB230005

 
 
 落ち葉を集めた所から、テミ部隊のみんなが落ち葉を集めてエルフに積んでくれたり、お父さんがエルフを動かしてくれて、気が付いたら何十メートルも、何百メートルも山道を進んでいました。
   
 空気が澄んでいて、穏やかな大井が丘。お父さんとお母さん、家族みんなでの落ち葉拾いが嬉しくて、私にとって世界で一番ワクワクする秋休みのお楽しみの様でした。
 落ち葉の山を踏んで圧縮させるときのフカフカな落ち葉ベッドの感触や、無心になって落ち葉を集めていくのが本当に楽しくて、これからの落ち葉集めも楽しみです。

(ななほ)

 

PB230022

bilinear

 

 

***

PB2300071
古吉野なのはなに残ったチームは、音楽祭へ向けた歌と演奏の練習を進めました。写真は、夜の音楽のコーナーで披露された、トロンボーンソロの演奏です。