「玉ねぎ、白菜」 りな

11月20日            

 一昨日はまちこちゃんのお誕生日、昨日はあんなちゃんのお誕生日でした。
 まちこちゃんは、毎週水曜日になのはなに来てくださって、台所で美味しい料理を作ってくださっています。まちこちゃんのお誕生日黒板に、黒豆ゼリーの絵が描かれていて、まちこちゃんが黒豆ゼリーの発明者だったんだなあと初めて知りました。なのはなの黒豆の煮豆の煮汁を使った黒豆ゼリーは、どんなスイーツにも負けないぐらい、濃厚で甘くて美味しいです。私も黒豆ゼリーが大好きで、食卓に出ていると、それだけでとても嬉しくなります。いつも、なのはなのみんなのために、美味しい料理を考えて作ってくださっているまちこちゃんにとても感謝しています。まだ、一緒に作業したことはないけれど、機会があったら一緒に作業したいなあと思いました。お誕生日おめでとうございます。

 あんなちゃんは、なのはなブランドの、大きくて、ツヤツヤで、とっても甘い木熟し白桃を育ててくださっています。私はなのはなに来るまで桃をあまり食べたことがなくて、食べても酸っぱくて好んで買って食べることはありませんでした。でも、なのはなに来て、あんなちゃんが心を込めて育てた桃を食べさせてもらって、心が癒されるぐらい甘くて優しい味の果物があるんだ!と驚きました。こんなに桃が美味しかったんだ、と思いました。最近はあんなちゃんと桃の作業に入らせてもらって、この甘くて優しい桃は、あんなちゃんのどこまでも高品質を目指す姿勢だったり、桃に対する優しさがあるからなんだなあと思いました。あんなちゃんが、摘花でも、防除でも、葉っぱの一枚一枚を大切にしていたり、桃の木に負担がかからないように、と心を遣って作業している姿が、とても優しいなあと思います。一緒に作業をした時に、心を沿わせてもらっているような気がして、優しい笑顔を向けてもらうと、とても嬉しい気持ちになります。
 桃の作業以外でも、環境整備の時や、掃除の時にあんなちゃんがリーダーをしてくれることがあって、どんな分野に対しても、レベルの高い作業を目指していくあんなちゃんがかっこいいなあと思います。
あんなちゃんのことが大好きです。お誕生日おめでとうございます。

 午前はゆったりモードでした。その時間に、ななほちゃんと一緒に12月号の山小屋だよりのことを考えたり、クリスマス会に向けて、楽器練習できてとても嬉しかったです。
 色んなところから楽器の音が聞こえてきました。音楽室からは、アンサンブルの人の合わせが聞こえてきて、ガラスの香りや、情熱大陸が流れてきました。迫力があって、とてもかっこよくて、聞いているだけでとてもウキウキした気持ちになりました。
 最初は、何もできない状態から、少しずつ練習していくと、曲になりつつあって、進歩で着てとても嬉しかったです。ななほちゃんと、出来るところまで合わせてみて、ほんの少しだけれど、ぴったりと合っていてとても嬉しかったです。
 クリスマス会には間に合わないかもしれないけれど、音楽祭ではオリジナル曲もしたいね、と話していて、なんとなくイメージする曲をななほちゃんと一緒に聴いたりしている時間も楽しかったです。
これからもコツコツと練習を出来たらいいなあと思いました。

 午後は、チーム作業の時間があって、Cチームのえりさちゃんとななほちゃんとなつきちゃんとりんねちゃんがヘルプに来てくれて、一緒に玉ねぎのネキリ虫対策が出来てとても嬉しかったです。
 玉ねぎのネキリ虫対策は、玉ねぎの条間に草を敷きました。草は、まよちゃんが吉畑奥の畑の周辺の草刈りをしてくれて、刈ったばかりの柔らかい草を敷きました。
 草を敷くときに、草がもりもりになって玉ねぎが一緒に紛れて敷かれないように注意しました。草を畝に置くと、畝全体が芝生みたいに緑でカラフルになりました。
 大きい草は、縦に割いて、ネキリ虫が食べやすいようにしました。なんだか、サラダのトッピングをしているようでとても楽しかったです。
 途中で、草刈りするところがなくなって、草が無くなってしまいました。その時に、さきちゃんが畑の畝を立てていないところに生えている草をむしってコンテナに入れてくれました。その草が、とても柔らかくてふわふわしていて、玉ねぎのそばに敷くと、クッションのようでとても暖かそうでした。さきちゃんが、「地産地消だね」と言っていて、玉ねぎのネキリ虫対策になって、畑の美化に繋がって、いいこと尽くしだなあと思いました。
 それでも草が足りない!となった時に、なんと、Aチームさんが草取りで取った草を持ってきてくれました。のりよちゃんが軽トラで、何袋もの草を運んでくれて、本当に嬉しかったです。Aチームさんも、Cチームさんも、たくさん気にかけてくれて、チームを隔てて助けてくれて、とてもありがたいなあと思いました。いつか、Aチームさんや?チームさんにも恩返しができたらいいなあと思いました。
 無事に、玉ねぎの草敷きが終わって、次は中畑に移ってキャベツのネキリ虫対策をしました。第1弾に刺していたヨーグルトカップを外して、第2弾に付け替えました。第2弾は、定植したばかりなので、これでネキリ虫から守れたらいいなあと思いました。

 最後に、山畑西のハクサイの虫つぶしの作業に合流することが出来ました。第一弾のハクサイは、もう収穫できそうなほど大きくて、とても綺麗でした。もう少し寒くなったら白菜縛りがあるんだよ、とさきちゃんに教えてもらって、もう白菜縛りの季節なんだなあと思いました。白菜を縛る理由は、霜から守るためと、もう1つは、縛ることで中が締まって甘くなるそうです。今年も甘くておいしい白菜がみんなで頂けるのが楽しみになるなあと思いました。

 5時ぴったりに作業を全て終えることが出来て、ヘルプに来てくれた?チームさんや、草を届けてくれたAチームさんのおかげだなあと思って、嬉しかったです。

 夕食にはコマツナが出ていたり、今朝、収穫した白カブやほうれん草、アスパラ菜を見せてもらって、どの野菜もとても立派で綺麗で、本当に凄いなあと思いました。冬野菜の収穫が嬉しいです。
 明日からは3連休と聞いていて、お仕事組さんと過ごせる日が長いのが嬉しいなあと思います。明日も精一杯頑張りたいです。