11月17日(火)「ブロッコリー、ダイコン収穫間近 & 岩見田のイチョウ」

11月17日のなのはな

「あまり寒さは感じないのに、今年の紅葉はとても綺麗だ」お父さんが言いました。外に出ると、赤や黄色の木の葉が景色を彩っており、なかでもイチョウの黄色はとても鮮やかです。畑Bチームが今日、向かった岩見田でも、大きな3本のイチョウの木が、青空を背景に美しく光っていました。

 

PB170029
〈なのはなファミリーの卒業生が開墾した畑の、入り口にあるイチョウの木です。冬にはこの木のしたでギンナンを採ります〉

PB170038

PB170045

 

 Bチームは今日、盛男おじいちゃんの畑に、タマネギの元肥を撒きました。撒いた肥料は、牛肥、苦土石灰、ようりんの3種です。
 おじいちゃんの畑の土は柔らかく、いろいろな根菜や落花生、ささげなどの豆類もたくさん実らせてくれます。水はけの良い土を好むタマネギもおじいちゃんの畑で作らせていただけることが嬉しいです。

 

PB170017

PB170026

 

***

 今日のCチーム作業では大根の草取りと、ブロッコリーの水やりを進めました。
 大根とブロッコリーは、3弾に時期が分かれて植わっていて、どちらも第1弾の収穫が近づいています。
 
 崖崩れ畑に植わっている大根1弾は最近毎日、目に見えて肥大しています。草取りしながら地面から見える真っ白い大根はどれも存在感があり、みんなで収穫する日はとても待ち遠しいです。
 
 私は大根が一番と言えるぐらい、収穫が好きな野菜です。長い期間、土の中で栄養を蓄え、大きく育ってくれたまっすぐな大根を丸ごと地面から引っこ抜き、どんどんコンテナをいっぱいにしていくことほど楽しくて、やりがいのある作業はこの世にないと思います。

 そして、軽トラいっぱいになった大根を古吉野に持って帰ってからのしょうやく作業。土のついた大根の肌をたわしで洗い流し、朝日に輝く美白大根に変身させていくことにより、私の心は満たされます。

 

PB170021

 

 今年育てているブロッコリー第1弾は12月初旬から収穫できる品種です。崖崩れハウス前上畑に並ぶブロッコリーの畝は、近くだけでブロッコリーの意思を感じ取ってしまうほど迫力があります。第1弾が植わっているのは畑手前の3畝なのですが、もうすでに株の中心にはこれからブロッコリーになる花蕾が見えます。中には、握り拳ぐらい大きくなっている蕾の集合体もあって、来週には収穫できそうです。

 

PB170024

PB170026
〈ブロッコリーの花蕾です〉

 

 

 今日はなおとさん中心に作業を進めたのですが、みんなで声を掛け合いながら、テンポよく大根の畝を綺麗にしたり、ブロッコリーに水を与えることができ、とても清々しい午前中でした。

 ナスなどの夏野菜はようやく終盤を迎えていますが、ブロッコリーや大根などとうまくバトンタッチできそうです、安心です。
 これからもCチームのメンバーとして野菜を大切に守り続けたいと思います。

(えりさ)

 

 

・―・―・―・―・―・―・―・

 

 吉畑手前ハウスと二重ハウスの間には、面積は狭いけれど数種類の薬味を育てている畑があります。
「この料理にもうひとつ、あれがあったらより美味しい」
 というときにさっと収穫して届けられるような、台所にとっての宝物が満載の畑にしたいと作戦実行中です。

 今回はあゆちゃんにもらったローズマリーの苗を植え付けました。
 初めてローズマリーについて調べてみたところ、常緑性で通年で収穫が可能のようです。花の画像をみてみると、ブルーの爽やかな可愛い小花が咲くことがわかりました。収穫した葉は料理にもよし、ローズマリーオイルや、ローズマリービネガーとしての加工もよし、色々な用途で楽しめます。
 葉ネギ、ニラなど、和風の薬味が並ぶ中に洋風のローズマリーも加わり、本当に宝箱のようでわくわくします。

 

PB170002

 

 ポットに入った苗は深いグリーンの葉をつけ、独特の良い香りがしていました。
 日当たりと水はけを考慮した場所に、落ち葉堆肥をたっぷりいれて耕し、定植したあとは水やりをしました。

 どうやら地面近くからいくつもの枝が出てくるという、面白い形になるようなので、剪定をして風通しをよくすることが大事なようです。
 そして楽しみなのは、挿し木で増やすことです。ローズマリーは挿し木が簡単にできるようなので、大きく育ってきたら剪定をしつつ違う場所にも植え、花や葉を楽しみたいです。

 今まで育てたこのとのない植物を育てるのは、新しい情報を仕入れ、こんな風に使ってみたいというアイディアが広がってくるような楽しみがあります。ローズマリーで、生活の中にアクセントが増やせたらいいなと思っています。

(ゆい)

 

***

 作業では、チーム作業のほか、梅の剪定が一段落しました。午後からは、音楽祭に向けてのバンド練習や、図書室の本の整頓などを進めました。
 今季は立派な太ネギが穫れているほか、セロリの収穫も始まっています。太ネギは辛味がすくなく、柔らかい品種を育てています。夕食では焼き葱が並びましたが、「ネギがこんなに美味しいものだと思っていなかった」と言う人も多く、担当の子を中心に細やかに手入れをしたネギの美味しさを噛み締めました。

 夜には藤井先生が、アコースティックギターを教えに来てくださいました。前週から『サウンド・オブ・サイレンス』の弾き語りの練習が始まっています。