「畑の美化計画」 りな

11月10日

 午前はチーム作業があって、Bチームでは、ゆいちゃんとしほちゃんが立ててくれた美化計画を進めました。私は、ほしちゃんとしなこちゃんとさりーちゃんと、Bチームが担当している畑の石拾いをしました。
 たくさんの肥料袋を持って、まずはいいとこ下畑に行きました。この畑には黒豆が植わっています。少し、株の内側を覗いてみると、はち切れそうなほどぷっくりとしているさやがたくさんついていました。こんなに黒豆が大きくなるんだなあと思ってびっくりしました。今年は、小豆も白大豆も綺麗で、黒豆も大きくて、豆が豊作な年なのかなあと思いました。なのはなの黒豆はとても大きいけれど、今年の黒豆はもっと大きそうだなあと覆いました。

 草刈りをするときにやりやすいように、畦の大きな石を取ったり、トラクターがかけやすいように、畑の中の石も、取れるだけ取りました。時々、何でここにあるんだろう、と思うような、マルチシートや、折れた竹などが落ちていて、拾えたことも嬉しかったです。ゆきなちゃんが畑の草刈りをしてくれていて、畑がどんどん綺麗になっていくのが嬉しかったです。
 
 いいとこ下畑、保育園東畑と回って、次はハシバミが植わっている保育園西畑に行きました。
 保育園西畑に行くのは久しぶりで、ハシバミの様子を見るのも久しぶりでした。葉っぱがたくさん出ていて、雄花や雌花は分からなかったけれど、元気そうで嬉しかったです。

 保育園西畑は大きな石が多くて、トラクターがかけられて、砂浜のような白いふかふかの土にポコッと石が出ているのを取っていくのがとても楽しかったです。大きな石は、とても取り甲斐がありました。収穫の時のような、ワクワク感がありました。
 次は河原開墾畑に行きました。ここには西洋クルミが植わっています。西洋クルミの株もとには、落ち葉対比が敷かれ、布団を被っているようで温かそうでした。
 次に、とばしさん畑に行きました。とばしさん畑は、担当の美化する畑でもあって、みんなで石拾いが出来るのが嬉しかったです。
 石拾いは全部の畑を回ることが出来て、あとはタンクを綺麗に洗う計画があります。畑を美化すると、畑作業をするときに、とても気持ちが良くて、野菜にも環境が良くなると思います。美化計画をチームみんなで進めていけることが嬉しいです。

 午後は、アセスメント演奏がありました。2時に体育館にスタンバイして、空いた時間に、バンド演奏を特別に近くで聞かせていただけた時間がとても嬉しかったです。
 
 最初にオールウェイズとセットファイアートゥーザレインを聞かせていただきました。私はこの2曲がとても好きで、嬉しかったです。
キーボード、ギター、サックス、ドラム、楽器はそれだけなのに、もっとたくさんの種類の楽器があるような、重厚感があって、迫力があって、鳥肌が立つぐらい凄いなあと思いました。あゆちゃんのボーカルを聞いて、たとえ歌詞が英語でも、あゆちゃんから伝わるものがあって、とても感動しました。

 なのはな音楽祭に向けて、自分たちでバンドを作る、という意識で改めてバンドメンバーさんの演奏を聞かせてもらって、本当にバンドメンバーさんがかっこいいなあと思いました。なのはなの歴代で演奏した曲は数えられないぐらいたくさんあると思うけれど、ぱっと楽譜を出したら演奏できるバンドメンバーさんが凄いと思いました。あゆちゃんの、歌手によって、歌い方が違うことや、曲によって伝える気持ちが違うお話を聞いて、私も、ただ歌うだけじゃなくて、その曲を深く理解して歌いたいなあと思いました。
最後に、お父さんが歌ってくださって『傘がない』を聞かせていただきました。お父さんの声は力強くて、勇気をもらいました。表現者として、凛と歌っているお父さんの姿がかっこよくて、私達の誇れるお父さんだと思いました。

 盛男おじいちゃんや、お客様に演奏を見ていただいて、喜んでもらえたことがとても嬉しかったです。

 演奏の後は、みんなで小豆の収穫に行きました。第一鉄塔畑で1人1畝で収穫を始めました。カラカラ乾いたこげ茶のさやがたくさんついていて、さやを取るときに、パリッ!といい音がして、とても気持ちが良かったです。
しほちゃんがかけ声を「ビーンズ!」にしてくれました。ビーンズは、これま1回もかけ声をしたことがなくて、可愛いかけ声が楽しかったです。
 夢中になって小豆の収穫をしていると、あっという間に5時になりました。5時になると、もう日が沈みかけていて、辺りが暗くなりました。空を見ると、雲がピンク色をしていて、絵に描いたようにだったり、西の空は鮮やかなオレンジ色に染まっていて、とても綺麗でした。

 明日も出来ることを精一杯頑張りたいです。