「こんなに面白い」 さくら

11月9日

 今日は、午前午後、檜の皮むきをさせていただきました。お父さんが来てくださって、質は2割で、茶色い木の皮がとれて、ポロポロ落ちてこないようになれば良いと教えてくださいました。ノミを使うと良いと教えていただいて、やってみると、小さくて使いやすくて、力が入りやすくて、早くなって嬉しかったです。檜の水分を顔に浴びたのが、冷たくて気持ちよかったです。お父さんが、木の皮をはいだことのある人は少ないと教えてくださいました。家はいろんなところで建っているのに、こんなに面白い作業をする人がいないんだなあと思って、機械ではぐのかなと思って、少し悲しかったです。木は思っていたよりも、ずっと重たくて、しっかりとしていて、何が詰まっているのだろうと思いました。斜面でもまっすぐに立つ木がすごいなあと思いました。

 午後のはじめにまえちゃんとゆいちゃんと、みんなととても綺麗な虹を見ることができて、嬉しかったです。

 最後にやらせていただいた木は、今までで一番剝きにくい木でした。でもとても面白かったです。まえちゃんとあんなちゃんと3人で1本をやらせていただいていました。まえちゃんの隣でやらせていただいて、まえちゃんのスピード感を隣で感じながらさせていただけたことが、すごく嬉しかったです。自分は怠けていたと思いました。残りあと5本くらいになりました。

 大きな夢を持つことが、意味のある人生にするために、誰にも必須だと教えていただきました。なのはなは、夢に向かっていくとき、困ったら助けてくれて、いつでも応援していてくれて、全力でサポートをするところだと教えていただきました。