「こんなに楽しくて情熱的な試合」 りな

11月2日

 今日は朝から雨が降っていて、読書の時間がたくさんあって、本をたくさん読み進められて嬉しかったです。今、高田郁さんのみおつくしを読んでいます。主人公の澪や、芳さんの強い志で困難を乗り越えていく姿にとても元気をもらいます。澪の、幼馴染やお客さん、目の前の人に尽くす生き方が心を打たれて、私もそうあらないといけないなあと思います。みおつくしを読んでいると、あるべき生き方を示してくれているように感じます。
 
 昨日から、夜の集合の前と後に、あいうえお順で1人ずつ歌ったり演奏したりするコーナーが出来ました。昨日はあやかちゃんとあんなちゃんでした。あやかちゃんはみんなの中でトップバッターだけれど、せいこちゃんのキーボードの伴奏もついて、とても難易度の高い歌で、すごいなあと思いました。あやかちゃんがアイドルのようで、生き生きと輝いていて、ファンになってしまうなあと思いました。
 あんなちゃんは、みんなの知っている秋の童謡、『もみじ』を、みくちゃんの伴奏もついて歌ってくれました。私は童謡の中でも『もみじ』という曲がとても好きで、あんなちゃんの優しい歌声も聞けて、とても嬉しかったです。
 みんなの歌声は、普段あまり聞かないので、このコーナーが毎日とても楽しみになるなあと思いました。私は名前の最初の文字が、り、なので最後の方になるのかなあと思うのですが、ちゃんと準備をしないとなあと思いました。

 午前は身体測定の後に、あゆちゃんの声掛けで、運動会に向けてどんな種目がいいか、試しにみんなですることになりました。体育館に行くと、あゆちゃんが、「血液型でA、B、O型に分かれてね!」とチーム分けが始まりました。
 なんと驚くことに、B型が1人しかいなくて、0型が一番多い、という結果でした。人数を調節して、私はやよいちゃんやちさとちゃんがいるA型チームでした。
 まずは、混合リレーでした。混合、というのは、1つのリレーの中に、たくさんの種目が入っているからです。まず1つ目が、おんぶリレー、2つ目が2人の背中にバレーボールを挟んでボールを落とさずに走るリレー、3つ目が、風船を挟み、落とさずに走るリレー、4つ目が2人がフラフープの中に入って走るリレー、5つ目が、米袋の中に入って、ぴょんぴょん跳ねながらのリレーでした。

 まず、チームのみんなで誰がどの種目に出るかを決めました。1戦目は、やよいちゃんとおんぶリレーと風船のリレーに出ることになりました。おんぶリレーは、やよいちゃんがおぶってくれて、私を担ぎながらやよいちゃんが猛スピードで走っていて、パワフルでスタミナのあるやよいちゃんがすごいなあと思いました。風船のリレーでは、何度か練習をして、どうやったら早くできるか考えました。初めは、顔をべちゃっとつけて走っていたのですが、それだと鼻が痛くて、風船も途中で落ちてしまいました。考えているうちに、口をつけて走ることを思いつきました。それだと、顔だけペアの人の方向に向けて、足は普通に走ることが出来て、格段に速くなりました。速くて、風船が取れた時は、風を切って風船がぶわっと大分後ろに飛びました。本番では、風船が取れないようにしないとなあと思いました。

 1戦目の試合が始まりました。よーい、ドンでおんぶリレーが始まって、やよいちゃんが思いっきりダッシュしてくれて、1番だったと思います。続いてボールのリレー、順調に風船の番が回ってきました。いざ走り出すと、練習ではあまり風船を落とさなかったのですが、本番で2回落としてしまい、その後のリレーの人に順位を下げて渡してしまって申し訳なかったです。米袋リレーでアンカーのちさとちゃんが頑張ってくれて、2位でしたが、とても楽しかったです。
 2戦目、3戦目もすることが出来て、チームみんな、他の種目に挑戦することができました。米袋リレーや、フラフープリレーもとても楽しかったです。

 次に、チームのみんなで1列になって手を繋ぎ、手を離さずにフラフープを体に通すリレーや、ボールを渡すリレーをしました。フラフープを体に通して次の人に渡すことなんてできるんだ、ととても驚きました。このリレーではずっとB型チームが1位で、見本を見せてもらいました。
 すると、みんなの動きがとてもしなやかで、全身でフラフープやボールを操っていて、ダンスのようでした。フラフープのリレーでは、みんなの手の動きが波のようでとても綺麗でした。

 最後に、全員で人間知恵の輪をしました。あゆちゃんが絡ませる人になってくれて、あゆちゃんのじゃんけんに勝った人3人が、ほどく人になりました。初めはやよいちゃんとちさとちゃんとえりさちゃんがほどく人でした。
 ほどく人には後ろを向いていてもらって、みんなで手を繋いで輪になって、あゆちゃんが絡みの指示をしてくれました。くぐったりまたいだりと何度かして、絶妙な絡まり具合で、私達もどうなっているのか分からないぐらいでした。

 ほどく人が、どんどん絡まりを取っていきます。元通りになっていき、最後はみんな輪になることが出来ました。でも、何か所か、手がぐねっとして繋いでいる箇所があります。それは、くぐるだけじゃなくて、またいで絡ませているからでした。運動会ではこの手のねじれた箇所の数で、ポイントを付けたらいいね、とあゆちゃんが言っていて、なるほど、と思いました。
 今日した種目はどれも楽しくて、見ていても面白いだろうなあと思って、運動会の種目に入っていたらいいなあと思いました。運動会がとても楽しみです。

 午後は、前半、後半で、セブンブリッジとソフトバレーで分かれました。私は前半がセブンブリッジでした。
 セブンブリッジでは、個人プレーで新しいトランプを使いました。1人なので緊張したけれど、雰囲気が優しくて、とても楽しかったです。実行委員はあやかちゃんとゆいちゃんとさくらちゃんが入ってくれていて、リーグは日本の文化にちなんだものになっていて、とても新鮮でした。
 オレンジチームのあゆちゃんが、ゲームのほとんどに勝っていて、すごいなあと思いました。ジョーカーが場にたくさん出ていたり、ギャンブラーのやすよちゃんもおなじリーグでゲームしていたこともあり、荒れたゲームがたくさんあって、楽しかったです。

 あゆちゃんの2000点近いポイントがあり、オレンジチームが一位に輝きました。そのあとがピンク、青、黄色、と続いて、最下位が赤チームでした。
 罰ゲームのお題は、リーグ名にもあるように、歌舞伎役者か、落語家になり切って、マイブームを語る、というものでした。ゆいちゃんが見本を見せてくれました。落語家がとてもうまかったり、歌舞伎役者の見本も見せてくれて、サービス精神のあるゆいちゃんがかっこいいなあと思いました。
 さりーちゃん、ほしちゃん、なつきちゃんのひそかなマイブームを知ることが出来て、嬉しかったです。

 後半には、ソフトバレーでやよいちゃんチームに入らせてもらいました。やよいちゃんチームになるのは、あまりなくて、とても嬉しかったです。
 試合を始める前に、しほちゃんややよいちゃんからテーマを聞きました。「個人プレイからチームプレイへ。3本返しを目標にします」と聞いて、気合が入りました。
 やよいちゃんとなるちゃんがアタッカーをしてくれて、私はえつこちゃんとセッターになりました。私はやよいちゃんとペアで、やよいちゃんに高くて打ちやすいトスを上げられるように意識しました。

 やよいちゃんが、ハイタッチから意志を強くできるように、とハイタッチをチームみんなと力強くしました。誰かのサーブが入った時や、アタックが決まった時、チームみんなでハイタッチして、喜び合いました。みんなで喜ぶと、何倍にも嬉しくて、負けてはいても気持ちはずっと勝っていました。
 やよいちゃんが声掛けも大きくすることを言ってくれて、声が枯れるぐらいまで、声掛けも全力でした。体が熱くなって、こんなに楽しくて情熱的な試合は初めてかもしれない、と思いました。負けたら悔しかったけれど、本気で試合できてとても気持ち良かったです。3本返しを徹底して、アタッカーさんが迷わずセッターにボールを渡してくれるから、2本目は絶対に取る! という意識でボールに触ることが出来ました。何度もトスを打って、時には上手くできなくて相手のコートに入ってしまうこともあったけれど、やよいちゃんに上手くトスを上げられるようになってきて、嬉しかったです。
 毎週のソフトバレーも、この調子で頑張りたいです。
 
 夕方は、やよいちゃんリーダーで、鉄筋校舎の掃除をして、普段掃除できないところをたくさんに人と掃除してピカピカにすることが出来て、嬉しかったです。

 明日も精一杯頑張りたいです。