「心待ちにしていた」 しなこ

10月29日

 午前中のチーム作業で、やすよちゃんと河原開墾畑の西洋クルミと幼稚園西畑のハシバミの水やりをしました。
 やすよちゃんは水やりの作業を心待ちにしていたようで、とても嬉しそうでした。
 ハイデレスポンプを使って沢山水をあげられるようにしました。
 西洋クルミには全部で1800リットルくらい水やりをすることができました。株は全体的に勢いはないようでしたが、水やりをして元気になってくれたら嬉しいなと思います。
 西洋クルミには鉄粉もまきました。効果が出てくれたらいいなと思います。
 ハシバミの畑では、水路から直接水が汲めて、1株に100リットルは与えられたのではないかと思います。この畑は水がしみこみやすくて、沢山水を吸ってくれていました。やすよちゃんが「飲んでるみたい」と言っていて、本当に飲んでいるみたいに水が吸われていて、おもしろかったです。
 私はホースの補助をしたり、鉄粉をまいたりして、ナッツの手入れを一緒にすることができて嬉しかったです。

 午後はBチームのみんなと新いいとこ畑の豆拾いをしました。
 豆拾いが楽しかったです。刈り取られたあと、綺麗に回収されていたので、沢山の豆はなかったのですが、豆を見つけると「見つけた!」と嬉しい気持ちになります。
 自分1人で拾った量は少なくても、みんなと合わせたら米袋に軽く2杯くらいはあったので、莢つきがあったとしても、沢山拾えたのではないかと思います。
 豆拾いの後は、Bチームのみんなで白菜の虫つぶしをしました。
 白菜の葉は巻き始めていますが、巻いている中心部分に虫がいて、捕殺しました。葉が綺麗な株は綺麗ですが、少しでも食べられていたり、フンがあると、そこには必ず虫が姿を現します。今日も沢山見つけることができて、処理することができました。見つけたときは少しギョッとするのですが、見つけるのがだんだん楽しくなっていました。
 虫が食べるということは美味しい白菜なんだなと思って、これから白菜が大きくなって、収穫できるのが楽しみだなと思います。

 今日も1日天気がよくてみんなと作業ができて楽しかったです。
 ありがとうございました。