「心持ち、志、やりたいこと次第で」 のん

10月29日

○ハウスミーティング
 今日のハウスミーティングでも、肝に銘じておかなくちゃいけない大切な話をたくさん聞かせていただきました。

 私は税理士を目指そうと思ったとき、自分が生きていられるようにするためには今選ぶ道はこれしかない、と思って選びました。でも、なっちゃんやはるかちゃんと話していて、なっちゃんが図書館の司書になりたいのは、(簡単にいうと)本にわくわくするからだということ、はるかちゃんが、自分はどうあっても看護師になりたいと思うんだろうと思う、というようなことを言っているのを聞いて、自分は税理士という仕事にわくわくしているのだろうか、どうしてもなりたいと思っているだろうか、本当にこれでいいんだろうか、と心の奥にあった気持ちが最近吹き出してきていて、勉強が手につかなくなっていました。

 お父さんは、パン屋でも、日本一美味しいパンを作ろうと思ったら、すごくハードルが高いし、どうやって達成できるか試行錯誤がいる。税理士と一括りに言っても、税理士によって仕事は全然違うし、同じ企業の決算書を作っても、税理士によって違うものになる。大切なのはどんな税理士になるかだと。

 なんの職業になるかがすべてのような気がしていたけれど、自分の心持ち、志、やりたいこと次第で、面白いかどうか、わくわくするかどうかも変わってくるんだ、と思いました。変えるべきは職業じゃなく、自分の心の方だと知ることができて、スッキリしました。

 それから、なのはなに来たり、ほかのところでも同じことだけれど、最初は緊張して、相手に添わせてちゃんとやるけれど、慣れてくると甘えが出てきて、休みたくなる、ずるをしたくなるという話。それから、厳しく育てられたり、競争のなかで育つと、親や先生、その場の力が強い人のことは怖がって、顔色をうかがって、相手に合わせて言うことを聞いてしまうけれど、周りが弱い人だと自分が強者になって上に立ってしまうという話。そういう人は、強い人に合わせてばかりだから、強い人がいなくなると、自分がないから、自分はこう、というものがないから、モラルが低いと。

 どちらの話ももの凄くグサリと突き刺さって痛かったけれど、変えなくちゃいけないところだと思いました。慣れが出て、当番のリーダーで上の立場になることも増えました。今の自分が気をつけなくちゃいけないことだと思いました。出来ることが増えている感じがする一方で、自分がどんどんどうしようもない人間だということが分かっていくような感じがして、辛いです。

 計画を立てて効率的に勉強して、時間を作って、畑にも出られるようにします。もっとみんなの役に立つことをします。もっと本を読んで、モラルを身につけます。今日、バッサリ切り捨ててもらって、良かったです。新しい気持ちで明日の朝を迎えられそうな気がします。ありがとうございました。お休みなさい。