「晩白柚ハウス」 なつみ

10月29日

「晩白柚のビニールできたよ!」
 私がしほちゃんとタンク補充をしている間に、あけみちゃんとさくらちゃんが作ってくれた、晩白柚の温室。
 それは美意識と優しさで作られた部屋でした。
 まず、株から80センチほど離れたところには、半円形上に2段、コンクリートブロックが積まれていて、昼間に差し込んだ太陽熱を吸収できるようになっていました。
 そしてビニールは破れていたところを修復して、さらにもう1枚ビニールを作られていました。そのビニールには角が作られていて、ちょうど竹の支柱にフィットするように形作られていたのと、それぞれの角には方角が書かれていて、その方角にある支柱に角が来るようになっていました。
 
 4時半ごろ、あけみちゃんにレクチャーしてもらいながら二重ビニールをかけると、しっかりぴっちり閉まるようになっていて、感動しました。
(私は今夜、晩白柚ハウスで、晩白柚とともにこのハウスを味わいながら眠りにつきたい)そう思わずにはいられないです。
 晩白柚はこんなに素敵なお家を作ってもらって、本当に恵まれていて、幸せだなぁと思います。(私も一度あの家にはいりたい)

 あけみちゃん、さくらちゃん。
 素敵な晩白柚のお家をありがとうございます。
 晩白柚もそろそろ大きくなってきたので、1つくらい、実をつけられたら……と、こっそり思っています。

 今日も一日ありがとうございました。
 今日はよく寝て、明日に備えます。おやすみなさい。