「いいプランを立てること」 れいこ

10月28日

 お昼の集合でお父さんが、いいプランを立てることについて、お話してくださいました。
 どんな作業でも勉強でも、小さなプランを生む練習の積み重ねだと思って取り組むことを教えてくださいました。
 その中で、「3日坊主は素晴らしい」という言葉が印象に残りました。
 3日続けられたなら、3日後にまた計画を更新して、また3日頑張ればいいというアイデアがとても斬新で、面白いなと思いました。
 また、お母さんが、でも何よりまずは、一番に「幸せのその日暮らし」が出来ているかを自分に問うてね、とお話してくださって、そのことも嬉しかったです。
 集合のお話を聞くときも、日々の生活でも、いつでもその言葉をお守りのように、心に留ておきます。

 ところで、勉強をさせてもらっていても、暗記よりも計算よりも、1番難しいのは計画かもしれないと思います。
 あんまり密な計画をしても、自分本位になってしまうし、でも確実に的を得て、最大限の集中力を発揮できるようなモチベーションを保ちたいと思うと、そこが難しいです。
 でも、最近は、あるようでない計画、というのをテーマにしていて、それは上手くいきやすい気がしています。
 学科試験対策では、精選問題集を3周して、反射的に答えられるようになってきたので、今週から新しいところに進みました。
 ずっとハードルが高かった、「一般気象学」の本を覚え始めました。
 以前から、気象学のバイブルとは聞いていたけれど、実際に多くの問題で、その本から図やグラフが引用されていて、とても大切な資料だなと感じています。
 お父さんが、意味が分からなくてもとにかく丸ごと暗記していたら、あとから理解が追い付いてくるという感覚が、最近分かってきて、大分頭に内容が頭にスーッと入ってきて嬉しいです。

 実技では相変わらず、1日1テーマを、75分で解く練習を繰り返しています。
 6テーマ目までは、毎回どうしても時間をオーバーしてしまっていたけれど、昨日から問題を解く前に、その回の目標を立てるようにしました。
 昨日と今日は「時間厳守!!」をテーマに、とにかく悩み始めたらすっ飛ばして、次に次に進んでいくことを意識をしたら、初めて時間内に最後までたどり着けて、嬉しかったです。
 不思議なことに今までで一番、点数もよくて、やっぱりスピードが大事なんだなと思いました。

 6、7、8回目と、台風のテーマが続いています。
 先日、りゅうさんに台風はどうやってできるんですか、と聞いてもらって、前回聞かれたときは上手く答えられなかったけれど、一昨日は答えられるようになっていたことが嬉しかったです。
 台風の構造では、初めに弱い渦運動があると、地表摩擦により風速が小さくなり、コリオリ力も小さくなり、風が収束し上昇します。
 そこで積乱雲群が発生して、凝結するときに潜熱を放出し、中心が高温になります。
 すると、さらに地上気圧が下がって、渦運動が強化されるというサイクルが繰り返されるというのを知りました。
 だから、あんなにも大きなエネルギーが生まれるのかと知ると、本当に奇跡のような条件がそろって起きているんだなということに、なんだか少し感動してしまいました。

 それから、最近楽しいことは、再び読書熱が復活して、今は『商い世傳 金と銀』のシリーズと、清水義範さんのイスラム旅行記を読んでいます。
 先日のお父さんのお誕生日会での世界旅行から、いろんな国に興味が湧いて、本の中で旅行できることが楽しいです。
 また、朝食当番も好きな時間です。
 今朝は、あゆちゃんリーダーで、新しい水曜日当番のメンバーと配膳させてもらえて、とても嬉しかったです。
 私はまちちゃんと台所当番だったのですが、なるちゃんやまみちゃんが朝から調理してくださっていて、明るくて安心した空気でできました。
 あゆちゃんがリーダーの配膳は、絶妙なタイムコールと、とても動きやすい指示をしてくださって、毎回スムーズで凄いなあと思います。
 テーブルのお皿の配置も美しくて、勉強になりました。
 夕方の朝食当番も、最近ようやく手際よく動けるようになってきて、のんちゃん中心にチームワークができてきた感じがしています。
 大鍋洗いやシンク洗いはダイナミックで楽しいなと思います。