「10分でも」 ななほ

10月27日

 昨日の事になるのですが、山小屋便り11月号のレイアウトが始まり、今月からりなちゃんが入ってくれることになりました。午後の最初にまえちゃんが改めて、山小屋便りのレイアウトを教えてくれて嬉しかったです。私もまだ何回かしか山小屋便りをしていないのですが、るりこちゃんが残してくれた資料があるから、たとえ何も知らなくても山小屋便りの写真集めや記事出しから、編集、発送準備までができてしまいます。

 まえちゃんやかにちゃん、ゆりかちゃんとのりよちゃんが手伝ってくれるらしく、とてもありがたいなと思うし、私たちも早く覚えて、いつか2人でもできるように、今度はまだ見ぬ誰かに全部を伝えられるように、山小屋だより編集者として成長していきたいなと思います。早速、私も山小屋便りの編集をして、半日で3分の1以上ができました。りなちゃんも集中して向かっていて、一緒に編集ができるのが嬉しいです。

・嬉しかったこと
 
 朝に山小屋便りで使うセロリや玉ねぎの発芽した芽、お花に水菜、ブロッコリーなどの写真を撮りに行った時、えつこちゃんと崖崩れハウス前下畑の小松菜の小さな、小さな、タマゴのように肌色をした芽を見つける事ができて良かったです。

 午前には中畑のゴーヤが撤去されて、少し寂しいのですが、スッキリしました。種とり用で大きくしていた蔓ありインゲンも持って帰って来てもらい、早速乾燥させています。簿記の方もさやねちゃんが学習計画票を立ててくれて、不安とか曖昧な部分、「これで良いのだろうか」という気持ちが薄れてきて、学習計画票があるから大丈夫と少し安心した気持ちになりました。でも、油断は禁物なので、15日まで簿記人になって、簿記人の頭でいたいと思います。

(もう、試験まで日記は書かない)と思っていたけれど、やっぱり10分でも日記を書くとスッキリして、逆に嬉しかった事とかを誰かに伝えたかったので、頭も簿記モードに入りやすくなるんじゃないかなと思いました。ハウスMTのお話も嬉しくて、怖さを手放せるように早く自分を強くして、なのはなでちゃんと安心して生きたいなと思うし、お父さんのお話が嬉しかったです。

 夜にはアコーステックギター教室もあったり、今日はみかちゃんとりなちゃんのお誕生日で、本当に真面目で優しくて、可愛くて素直なみかちゃんとりなちゃんのお祝いが嬉しかったです。どこまでも純粋で、無邪気で、いつも目をキラキラさせて物事を見て、考えている2人が本当に綺麗だなと思って、私もその純粋さや素直さ、真面目さを本当の意味で透明感を持って自分の中に入れたいなと思います。みかちゃんとりなちゃんが大好きです。