10月28日(水)「ブロッコリー第3弾の植え付け&秋ジャガイモの土寄せ」

10月28日のなのはな

 崖崩れハウス前上畑でブロッコリー第3弾の定植を進めました。
 リーダーさんが最初に、「Cチームさんのために美しく植えてあげよう!」とみんなに呼びかけてくれました。

 その目標通り、今日は畝づくりからネット掛けまでいつも以上にみんなで綺麗にできて嬉しかったです。
 午前中にCチームの人たちで畝たてをほとんど進めてくれていたおかげで、午後は畝のならしをした後すぐに植え付けを始めることができました。

.

PA280189

 
 定植の基本は、浅植えです。
 今日植えたブロッコリーも、トレーから出した苗を培土が地表に少し出るくらいの深さに埋め、さらさらの土を上からかけてあげました。
 青緑がかった緑色をしたまだ小さい葉。ほんのり薄紫色をした茎。
 ブロッコリーの苗は色味がとても素敵だなと思いました。

 

PA280195

 定植したそばからジョーロで1株1株水やりをし、ぴんと張ることを意識して防虫ネットをかけていきました。
 スムーズに作業が進んで、4時ごろには約600株の定植を終えることができて達成感がありました。
 残りの時間には白菜の追肥や害虫チェック、崖崩れ下ハウスの外周の草取りまですることができて嬉しかったです。
 苗の状態のブロッコリーは、キャベツとそっくりで見分けがつかないほどでした。

「ブロッコリーだと思って植えたらキャベツができたら笑い話では済まないよね」という会話があったほどです。
 比べてみると、ブロッコリーの葉っぱは丸いのに対して、
 キャベツの方は葉の淵がギザギザとしているような感じがしました。
 今日植え付けた株は間違えなくブロッコリーだとは思うのですが、野菜によって苗が似ていたりするのは面白いなと思いました。 

 

PA280200  
 ブロッコリーの第1弾、第2弾はすでに植わっていて、草丈もネットには収まりきらないぐらいになっています。
 葉もかなり茂っていて元気そうです。
 今日定植した株も1か月後ぐらいにはそのぐらい大きくなってくれるのかなと思うと希望を感じるなと思いました。上手く活着してすくすくと育ってほしいです。

(えみ)

 

 

***

 

 

 滝川奥、滝川横のジャガイモの土寄せをしました。
 この畑では、大きなジャガイモは背丈が80センチほどまで育っていますが、生育に差が出てしまった株もあります。植え付けたときに、穴を掘って、種芋を入れて、ダストをかぶせて、畑の土をかぶせたときに、畑の土の下のダストが少なかったために、土の中で、ダストが滑り落ちてしまい、結果的に、硬い粘土質の畑の土が蓋をする形で芽が出づらくなってしまい、このように生育差が出てしまいました。
 それは残念なことだけれど、11月に入って霜が降りる前に、頑張って沢山のジャガイモが大きく成長して欲しいです。

.

PA280039

.

PA280042

.

 ジャガイモの株元に隙間があかないように、きっちりと隙間なく土を寄せていきます。
 滝川横は、長方形の畑で長い辺は、56メートルほどある広い畑です。
 今日は、7人ほどの少人数で土寄せを行なったのですが、2人で1畝に入って、1畝10分目標で土寄せをしていきました。
 すべて終わったのは、午後3時半で、ちょうと目標時間で嬉しかったです。

.

PA280043

. 
 綺麗なかまぼこ形に土を寄せることができました。
 滝川奥と横は赤い色のアンデスと、黒と赤色がまだらにまざった色をしたデストロイヤーという品種が植わっています。
 そんな芋たちが今日みんなで寄せた土の中にお宝のように芋をならせるのだと思うと嬉しいです。
 霜が降りる前に、沢山の秋ジャガイモを収穫できすように。

(やよい)

.

.

.

DSCN9030
〈梅林の梅に1年分の追肥をしました。 今年は牛肥の他に、魚粉やマグネシウム、 リン酸などのオリジナルの肥料を与えました〉

.

PA280073
〈作業が早く終わったチームから、 白菜の追肥・土寄せ・草取りもしました!>