【10月号⑭】人生ゲーム「新婚さんご搭乗!なのはなウエディングカーで人生ゲーム」 ゆい

 

 ヘッドライトには長く、カールしたまつげ。パステルピンクに、オレンジ、ゴールドとホワイト。

 柔らかな配色のバルーンと、色紙で作った旗が連なったガーランドの飾りで彩られたウエディングカーが、あゆちゃんとりゅうさんを乗せてグランドを周回します。

 なのはなオリジナル、人生ゲームの始まりです。

 あゆちゃんとりゅうさんを乗せたウエディングカーは、まるで物語の中から飛び出してきたようです。

 ウエディングカーのデザインをするとき、お父さんが、「風船や旗を立体的に張り巡らせて飾り、幸福感を演出しよう」と言ってくれた通り、夢も希望も、幸せも、目に見える形になって弾け出しそうでした。

 運転手は永禮さん。グラウンドに引かれた白線に沿って進み、五か所のステージで停車します。

 みんなでシャボン玉を拭いたり、紙吹雪を舞わせたり、ラストステージではライスシャワーで祝福しながら、あゆちゃんとりゅうさんを囲みました。

 

 

 各ステージでは、進行役のお父さんが二択のクイズを出し、みんなは、あゆちゃんとりゅうさんは、赤白の札のどちらを挙げるか予測し、ウエディングカーの両サイドに分かれます。

 正解者だけが次の質問にもトライすることができ、みごとに最後まで残ることができた人は、次に結婚ができる、ということになっていました。

「第一子は、女の子、男の子、あゆちゃんとりゅうさんはどちらが欲しいと思っているでしょうか?」

 正解は、「女の子!」

「子供にゲーム機を買い与えるでしょうか?」

 正解は「買い与えない」なのはなでみんなと一緒に遊んでいたら、確かに必要ないですよね。

「お父さんとお母さんを招いて料理をごちそうするとしたら、中華にするでしょうか?」

 正解は「イエス」二人ともは料理が得意で、特にりゅうさんの中華料理は最高です。

 そして、第四ステージは玉入れのセットがされています。

 ここはなんと、みんなが赤白の玉を投げ、多く入った色の方の答えを、有無を言わさず二人の正解にしてしまうという、ちょっと強引なおもしろ企画でした。

「健康管理のため、やるとしたら、りゅうさんオリジナルの筋肉体操か、それとも二人で手を繋いで三十分散歩か? みんなは、二人にさせたいほうの色の玉を入れてください」

 お父さんの号令で、みんなは、ウエディングカーの頂上に取り付けてあるかごを目がけ、玉を投げます。

 あゆちゃんとりゅうさんが、レインボーの傘をさして、玉が落ちてくるのを除けている姿も、また可愛くて素敵でした。

 さて、結果は、「りゅうさんオリジナル筋肉体操! りゅうさん、あゆちゃん、二人で筋肉体操をしてください」ということになりました。

 二人が仲良く筋肉体操をしている光景を想像すると笑ってしまいます。

 各ステージでいくつかのクイズに答えながら進み、ラストステージのクイズを終えると、ブーケトスとなりました。

 あゆちゃんがみんなに背を向け、花束をみんなの方に向かって投げます。

「結構、飛ぶんじゃないかな。この辺に来そう」と、みんなはブーケが飛んできそうな場所で待ち構えました。そしてあゆちゃんがブーケを投げると……。

 一目散に駆け寄ってキャッチしたのは、まだ小学生の、りひと君。

「これでみんなの婚期はまた遅れました」とお父さんの声に、みんなでたくさん笑いました。

 そして、あゆちゃんとりゅうさんを載せたウエディングカーがグラウンドを出て、サクラの木が並ぶ坂道を降りていくのをみんなで見送りました。

 りゅうさんがあゆちゃんの頬にキスをして、二人、手を振りながらみんなに見送られる姿が、希望の道にそのまま繋がっていると確信する光景でした。

 自分にも、その希望が降ってくるような気がして、きっと、みんなも同じように感じていたのじゃないかと思いました。