【10月号⑬】料理・ケーキ「大切なひと時を飾るウエディングディナー&ケーキ」 ひろ

 

 あゆちゃんとりゅうさんの結婚式、台所係ではお昼とディナー、夜食を担当しました。

 昼は、ポテトサンド、玉子サンド、フルーツサンドの三種類のサンドイッチと、桃のコンポートゼリーにドリンク。ディナーは、なのはなの桃ジャムが入ったカツカレーに、ピンチョス3種(生ハムのパプリカマリネ巻き、きゅうりとチーズとオリーブ、ポテトと厚切りベーコン)かぼちゃのカッテージチーズとレーズンのサラダ、黒豆の煮豆、羊羹、桃のカプレーゼ、黒豆ゼリー、玉ねぎスープ。

 夜食は、巻きずしとお稲荷さんに桜茶。なのはなの野菜をふんだんに使用した華やかな料理が用意されました。

 

 

 本番までに試作は何度も重ねられました。それらをほぼ前日と前々日の二日にかけて調理をしました。

 前日は、卒業生のまちちゃん、みよちゃん、そらちゃんや新郎のりゅうさんまで手伝いに来てくれました。河上さんのご指導のもと夜の九時過ぎになんとか調理を完成させることができました。

 結婚式の食事と調理、初めての試みで、無事本番を迎えられるのだろうか、配膳は上手くいくのだろうかと最後まで安心できませんでした。

 台所メンバーの大半が、日中仕事に出ています。夜や土日に集中して準備を進めていきました。

 あゆちゃんとりゅうさんの為に頑張ろう、みんなで頑張れば、きっとなんとかなるはずだ! と本番に挑みました。

 一日の食事で一番のメインはディナー、その配膳にあてられる時間は、グランドでウエディングカーの人生ゲームをしている四十五分間です。

 役割分担等々、細かい計画がたてられました。

 配膳中は、賑やかなグラウンドの音が耳に入らないほど、みんな必死でした。台所チーム以外の人も手伝ってくれてなんとか四十五分で配膳を終えられました。翌日グラウンドのウエディングカーを台所チームのみんなと見た時、へぇーこんなに車に缶をくっつけて走ってたんだ、まったく音に気付かなったかったねと言って笑いました。

 始めから最後までどうなることかと思っていましたが、河上さんを中心に台所係みんなで協力して無事本番を迎えることができました。

 スタッフさんや係以外のみんなが足りない所を助けてくれました。みんなの力で乗り切ることができました。

 なのはなファミリーならではの料理を、みんなに食べて頂き、美味しかったと言ってもらえて良かったです。