「些細な事から」 サリー

10月24日

 もう10月も終わりそうなのか。本当に時間が経つのが早くてびっくりしてしまいます。なのはなに来てから4か月も経っています。段々肌寒くなってきて作業がとてもしやすいです。空気もさっぱりしていておいしいです。東京の空気と全然違います。大分ここの生活にも慣れてきて身体も丈夫になってきたと思います。
 
 来る前は運動も全くしていなかったし一日中ベッドに寝てるか夜遊んでいただけで食生活もコンビニ弁当やお菓子でボロボロでした。なのはなの食事は自分達で育てたたくさんの新鮮でおいしい野菜やお米が出るので血液もサラサラに違いないです。これからの季節は焼き芋が良く出るらしいです。とても楽しみです。
 
 そして最近大豆の収穫や干す作業があって冬には大豆カレーが出るらしいです。ものすごく楽しみです。大豆カレー。ものすごく食べたいです。
 大豆の作業に何回か入らせてもらいましたがとても楽しいです。はぜを立てて干したり落ちてしまった豆を一個一個拾うのはとても地味でめんどくさそうな作業ですが実際やっているとものすごい集中力で目に入る一個一個の白い宝石、じゃなくて豆、を拾うのがとても楽しくなります。1枚の畑にたくさんの豆が落ちていてそれを一人で全部拾おうとしたら絶望的ですがみんなで力を合わせるとすぐに終わって本当にうれしい気持ちになれます。
 
 なのはなではこういう小さくて些細な事から大きな幸せを感じる事ができます。最初はみんなが本当に楽しそうに作業をしている姿を見て不思議に思いましたが、自分もいつの間に楽しんでいます。
 
 些細な事にでも幸せを感じないでスルーして生きていたのがとてももったいなかったです。幸せを感じる心の余裕がなかったのかもしれませんが。今は段々希望がはっきり見えるようになってきてうれしいです。今度こそは本当だよ。大丈夫だよ。
 
 最近あまり日記を書けていません。久しぶりに日記読書の時間があってゆっくりと日記を書けて嬉しいです。夕食後に書く時間は少しありますが1日中畑に出て作業した後はもう頭を使いたくなくて読書や音楽を聴いてしまいます。
 
 私はずっと前から読書は好きで学校の行き帰りはずっと本を読んでいました。だがここ数年本を読むのも集中できなくて辞めていました。なのはなに来てまたたくさんの本を楽しみながら読めるのはとても嬉しいです。今までは英語の本がほとんどでしたが日本語の本も理解は全然できるしすごく楽しいです。でも英語の本もたまに読みたくなります。英語力が段々低下してきた気がします。できればお父さんに面白い英語の本があれば紹介して欲しいです。華麗なるギャッツビーは映画も見てすごく好きだったのでなのほなにある日本語訳を読もうとしましたが難しすぎて読めませんでした。本の中の世界に入るのは本当に楽しいんだって思い出せることができました。
 
 携帯やパソコンやテレビの画面に移る動く写真をずっと眺めるのではなく字を読むだけで頭の中に色んな、自分の想像力でイメージして作り上げた風景が見えるのは誰かがイメージして再現した動く写真を見るよりずっと楽し気持ちになるしワクワクとか驚きとかいろんな感情が揺さぶられます。でもたまには映画も見たくなります。雨の日にたまに見られる様ですが楽しみです。

 2週間前の15日にみつきちゃんがなのはなに来てくれました。そして私は初めてシスターをりなちゃんと一緒にやらせていただくことになりました。自分もまだまだ完全になのはなには慣れていない感じがして少し心配していました。みつきちゃんが安心してなのはなに溶け込めるようになのはなのことを教えてあげられるか心配でした。でもりなちゃんは私のシスターでもあったしりなちゃんは本当に驚いてしまうほど優しくてピュアで心優しい良い子です。私もりなちゃんを見ていたりそばにいるだけで凄く助かりました。
 
 こんなにも人生を純粋に素直にストレートに楽しんで良かったんだ。りなちゃんを見ているとそう思います。奇麗な野菜が取れた。今日は奇麗な虹が見えた。玉ねぎの苗が出た。そういう小さな嬉しい出来事をりなちゃんとシェアすると自分に起こった出来事かのように一緒に喜んでくれます。自分以上に喜んでくれます。だからなにか嬉しいことがあればりなちゃんとシェアしてください。その小さな出来事から大きな暖かい笑顔を見ることができます。こっちも暖かい気持ちになれます。そんなりなちゃんと一緒にいただけで私は本当にたくさん助けられました。きっとみつきちゃんもそう感じ取っていると思います。
 
 最初の数日よりは元気そうでよかったです。趣味が合うところもあって嬉しいです。元気にみんなと明るく話していたみつきちゃんがとても素敵に見えました。まだ来たばかりで混乱していて辛い気持ちもたくさんあると思いますがあの楽しそうに作業をしていたみつきちゃんを見たら私もすごく楽しめました。なのはなに安心して溶け込めるようできること頑張りたいです。
 

 最近また調子が良くなってきました。ちょっと悪かった日が続きましたがまた前向きになれてきました。なんか今でもまだ少し続いていますが、被害妄想がひどかったです。なにも悪いことをしたはずではないのになんか悪いことをしたのか心配になったり、知らず知らずになんか嫌な態度をとって嫌われるようなことをしたのか。変な目で見られたと思い込んだり、きっとあの人は私のことが嫌いなのだとか、きっと私は馬鹿なんだと思っているのだとか、なにもできない人なんだとか。段々自分で自分を暗い方に押して本当は私はずるくてめんどくさがりでがんばれない不真面目なダメ女なんだと思い始めました。迷惑ばかりかけているんだろうなと。ストレスに敏感になり常に狙われている感じがしました。実際なんとも思われていないし全部頭の中で作り上げた話なんだと気付くまで時間がかかりました。自分で自分の足を引っ張りました。
 
 だが最近天気がすごく気持ちいいです。少し寒いですが太陽にあたると暖かくて風が気持ちよくて太陽の光にあたった柿の木や畑が輝いて見えます。それで気持ちもすごく晴れます。こんなにも外の天気が気持ちいいのに落ち込んだ嫌な気分にのめり込んでいるのはもったいないです。秋は寂しい季節とよく聞きますが私には逆に感じます。穏やかな気持ちになる季節です。焼き芋や柿やかぼちゃや大豆などおいしいものもたくさん食べられますし。
 
 お父さんもこう言っていました。自分で自分の機嫌を直すのだと。その時はすごく難しいように感じますが実際抜けたときにはただああ考えていたのをこう考えれば良かっただけなのに。と。不思議です。もっとこうやって客観的に自分を悩みを見られたらいいのに。