「気持ちも頭もフルに使って」 ひろこ

10月24日

 お父さんお母さん、今日も1日ありがとうございました。朝晩肌寒くなって、今日は日中でも、風が強かったせいか、少々肌寒く感じました。

 今日お父さんが着ていらした柿色のベストのセーターは、“お父さんの柿色のセーター”という感じがして、嬉しくなりました。とっても素敵です。私は、お母さんのエプロン姿も好きだけれど、ワンピース姿のお母さんも、とても素敵だなと思っています。
 
 久しぶりの日記になってしまいました。お父さんのお誕生日にも、お誕生日会のことも、書けずに今日に至ってしまいました。集合のお話から感じた事も、日記に書き留めることで、自分に落とし込めたり、深められたりするので、出来るだけ書きたいです。

 今、改めて思う事は。私は、なのはなに来るまで、幸せは何なのかも分からなかったですし、自分は幸せだと、今幸せだと感じられたことがありませんでした。でも今は、幸せは形の無いもので、目には見えないものだけれど、それが、見えるかのように、手に取るように幸せを感じられるようになっています。お父さんお母さんが、幸せとは、人と人との間にあるものだと教えて下さり、本当にそうなんだな、実感しています。

 幸せは日常のなかに散らばっていて、その幸せを感じるか、感じないかなのだと思います。私が、幸せを感じなかったのは、自分自身がこの競争社会の価値観で生きていたこともとても大きかったと思います。

 なのはなに来て、教わる価値観は、今までの価値観とは、180度違っていました。しかし、なのはなで教わる価値観とは、決して宗教的なものではなく、本来人が生きていくあるべき生き方であり、心。それは、いつの時代にも、どの国にも通じている、普遍的なものでした。
 その心とは、利他心。正直で、真面目で、泥臭く一生懸命で努力を惜しまない。いつだって全力で生きる姿。血縁関係の無い人と助け、助けられる関係。

 私は、大切な心を落として来てしまって、まだまだ穴ぼこだらけ、足りないものばかりです。仕事の抜けや勘違いも良くあります。動きも気持ちも鈍いです。毎日気付かせてもらいます。

 先日、オクラのまとめをさせてもらいましたが、色んなことを思い出しました。収量的には、目標を達成していました。しかし、過程は凄く悔しさが残りました。オクラは、今の私の姿を映してくれたのだと思いました。そして、オクラを通してお父さんが教えてくれた、私の課題。
 私は、真っ直ぐにお父さんお母さんの言葉、気持ちを受け止め、前に進みます。
  
 100%利他心で生きていたいです。自分は横に置いて、100%目の前の人を大切にし、全力を尽くしたいです。自分を下に置いて、自分は一番出来が悪くても、どんくさくても良いから、どこまでも一生懸命に生きたいです。いることで、誰かが助かる。嬉しい気持ちになる、プラスの気持ちになれる。そんな人になれたら、どんなに人の救いになるだろうと思います。

 まずは目標を明確にもちます。自分がこうなりたいという人を胸に、真似をして、吸収して。ギターでも、バレーでも、作業でもです。意志のある、良い意味での色濃い人になります。
 
 今日は、午前は紫黒米のラッピング、午後は、大根の草取り、大根1、2弾の追肥、3弾の間引きと土寄せをしました。なんだか、夢中になって、凄く楽しかったです。
 なんだか、何をしてても楽しいと感じるのです。掃除も、前よりも楽しいと感じます。 全て、その先に喜んでくれる人の笑顔が目に浮び、誰かの為にしていることなのだと感じます。

 今日、やよいちゃんが、ブロッコリーの草取りをしてくれたと教えてくれました。ネキリムシ対策の為に、草が欲しかったそうなのですが、Cチーム的には、草取りがしたかったので、とっても有り難かったです。大根の草も柔らかくて、根切り虫が好きそうな草で、それもAチームさんにとっておきました。お互いに嬉しくて、一石二鳥ですし、嬉しいなと思いました。やよいちゃんの笑顔がまた、嬉しかったです。
 
 洗いの副リーダーになったり、朝食当番のリーダーになったり、新しい役割も増えました。心の視野、実際の視野も広げたいです。気持ちも頭もフルに使って、現状を見極めて、適切に判断し、動いていきたいです。みんなをひっぱっていけるくらいにならないといけないと思います。しっかりします。

 まとまらない日記になってしまい、すみません。
 読んで下さってありがとうございました。