「前向きな」 まち

10月23日(金)

 1日、簿記の勉強をさせてもらいました。ハウスミーティングでなおとさんがお父さんに相談していたみたいに、私も焦っていたので、お父さんの答えが有り難かったです。私も自分が分からないことを怖がっていて、何か問題が解けないと不安だったのですが、お父さんの言うとおり、ちゃんともっと教科書を読み込みたいと思いました。とにかく読む、読むを繰り返して、問題を解いて、簿記語に頭を慣らしていきたいです。

 今さっきあやかちゃんからセブンブリッジの実行委員のスカウトを受けました。こんな私で大丈夫かしら、という感じで、羽目を外したらどうしよう、という一抹の不安はあるのですが、毎月みんなを楽しませる役割ができることが嬉しいです。早速明後日に予定しているみたいなので、気を引き締めて頑張りたいと思います。

 こういう実行委員とかをするにも、利他心って必要なんだと思います。自分の評価が気になっていたり、失敗が怖かったりすると、なかなかできないと思います。みんなが楽しんでくれるように、という前向きな利他心を持って、取り組みたいです。

 自分なんてどうなってもいいから、利他心を持って、みんなと毎日楽しく生活したいです。失敗とか怖さとか、自分だけのことなんてすごくしょうもなくて、ちっさいこと。そんなことより、みんなと毎日笑い合って生きていくことを楽しんで生きたいです。なのはなでの自分の評価なんて本当にどうでもいい、いっちばん下のポンコツでいいです。それでも、利他心で、みんなと同じ作業ができて嬉しいとか、みんなと同じものを食べて嬉しいとか、そういったことに一番の幸せを感じられる人間でいたいです。自分の評価は一番下でいいから、自分の力をしっかり人のために使って、毎日人間としての幸せを感じていきたいです。

 明日も良い日になりますように。ありがとうございました。