「少し遅いプレゼント」 りな

10月23日

 遅くなりましたが、子供組でお父さんにお誕生日プレゼントをわたせることが出来て嬉しかったです。
 さくらちゃんが、「お父さんに子供組でなにかお祝いしたいね」と提案してくれたのがきっかけでした。お父さんのお誕生日会のチーム練習が忙しく、初めて子供組で集まったのは、お誕生日会が終わったその日の夜でした。みんな、まだその国のヘアメイクをしていて、お誕生日会に繋がるものをしたいね、ということでまとまりました。
 『ザ・サークル・オブ・ライフ』を、『ザ・なのはなライフ』にして、替え歌を考えたり、絵を考えたりするのがとても楽しかったです。子供組で初めて歌の練習をした時に、あまり音源に合わなくて、本当にお父さんにプレゼントできるのだろうか、と思うこともあったけれど、みんなでアカペラで歌うと、とてもまとまって聞こえて、みんなで手を組んで笑顔で歌って練習している時間が幸せでした。
 肩たたき券は、なつみちゃんのアイデアだったり、みんなのメッセージ付き色紙も、みんなのメッセージが集まったら、菜の花畑になって、お父さんにプレゼントできるのを楽しみにしていました。
 ななほちゃんが肩たたき列車を考えてくれて、お父さんとお母さんに喜んでもらえてとても嬉しかったです。私達まで幸せな気持ちになって、夜の時間がとても嬉しかったです。

 今日は一日白大豆の豆だしの作業に入りました。豆殻が山になっているところに手を入れると、ほっこり温かくて、驚きました。豆殻でも発酵するんだなあと思って、新しい発見でした。
 白大豆は、1粒が真ん丸でとても綺麗で、1粒救うだけで、とても嬉しい気持ちになりました。午後は、3枚の畑の豆拾いもすることが出来て、たくさんの豆を救うことが出来て、達成感があったし、みつきちゃんも楽しんでしてくれて嬉しかったです。

 明日も精一杯頑張りたいです。