「向上心や興味」 ほし

10月20日

 今日は、朝食前から引き続き午前も、ゆいちゃんやみんなと、河原のキュウリの追肥をしました。
 11月まで、キュウリが取れるように、それを目標に、追肥をしました。
 最近、丸まっている形状のキュウリが、いくつかあって、肥料切れのサインだとゆいちゃんが教えてくれて、今日、追肥ができたことが嬉しかったです。
 作業中に、地域の方が、声を掛けて下さって、温かい気持ちになりました。
「畑、面白いか」と好意的に聞いてくださいました。
 そして、エンジン噴霧器までくださって、そのお気持ちが、本当にありがたかったです。


 今日の集合で、欲と向上心のお話を聞かせて頂いて、思い悩んだことがありました。
 私は、自分には向上心が無いと思いました。

 私は、なのはなに来る前、人より優れていなければ、姉より上出来な子でなければいけないと、自分の命をすり減らしてきました。
 なのななに来て、自分の向上心も自分が人の上に立ちたいという欲が絡んでいて、少し動くだけで、物凄く苦しく、体が動かなくなりました。
 私は、人一倍、その傾向が強かったです。人を見下して、馬鹿にされないように、恐怖を誤魔化して、自分を守っていました。
 今思えば、なのはなに来て、苦しくなったのは「これは間違っている」という神様からのメッセージだったのだと思います。
 でも、誰かの気持ちに応えるなら、という思いだけは持ち続けることができました。
 今は、自分がなのはな一、不出来だと堂々と思うことができています。安心してみんなを頼る(信頼する)練習を試みています。みんながいることが誇りに思います。
 今までは、どんなに未熟で、ひどい様の自分でも、お父さん、お母さんは、受け入れてくれると、変に安心している自分がいました。寂しさのあまりそうしてしまいました。
 今思えば、とても子供じみているし、客観的に見て、とんでもなかったです。

 今の私は、とても未熟で、どうアクションすればいいか分からない状況にあります。畑の担当野菜についてでもです。
 今まで生きてきて、自分が黙っていても、そこに居ても、物事が進んでしまう状況に、ずっといたからだと思いました。自分がいなくてもいい、存在を否定される状況で生きてきてしまったからだと思います。
 今も、責任を果たせていないんじゃないか、と自分を責めそうになったりもします。
 少し、今、行き詰っているのが、現状です。
 自分がどうであれ、全体が上手く行くように、目の前の相手のために、自分ができることを少しでも探そうと思いました。
「こうすればいい」と思った事は、全体が上手くいくと、考えて、恐れずに言葉にして、伝える練習をしようと思いました。
 向上心や興味で、溢れた人間になりたいです。

 今日も拙い内容ですが、読んでくださってありがとうございました。