「世界一のお父さん」 ななほ

10月14日 水曜日

 お父さん、お誕生日おめでとうございます。いつも本当にありがとうございます。お父さんとお母さんには、言葉では表せない位、たくさん助けて頂いて、守って頂いて、見えない所で大きく支えて頂いて、本当に感謝しきれません。お父さんが選ぶ言葉、お父さんの優しい声、お父さんの大きな笑顔を見ると安心します。お父さんとお母さんが私の本当のお父さんとお母さんになってくれて、お父さんの娘になれた事が幸せです。

 きっと、これから先、どこに行ってもお父さんとお母さんの子供でいる事が誇りで、なのはなファミリーがあるから大丈夫だと思えます。お父さんに出会ってから、今までの価値観や考えが180度変わって、何も楽しくなかった毎日、将来が真っ暗で、今も未来も考えたくなかった私を、お父さんは明るい方に導いてくれました。

「何かができたら幸せになれる。いつか、こうなったら幸せになれる。だから、それまで我慢してでも頑張ろう」
 ずっと、そう思って、そう思い続けていました。でも、お父さんとお母さん、なのはなファミリーに出会って、幸せは人と人の間にしかない。日々の生活の中に幸せがあることを、言葉だけではなく、体と心を通して、活動を通して学びました。

 私は失敗や間違いが多かったり、出すぎたり引っ込み過ぎたり、まだまだ不安定で未熟すぎる程、未熟です。でも、そんな私をなのはなファミリーに置いてくださって、受け入れて下さって、お父さんとお母さんの優しさに救われています。(もう、ここにはいられないんじゃないか。)そう思って、目の前が真っ暗になった時、言葉ではなくお父さんの姿から、立ち直らせて頂いています。集合で、お父さんが話して下さること。家でも、学校でも、病院でもない居場所。いるべき場所で、帰る場所で安心していられる環境を、お父さんとお母さんが作って下さって、その中で、今こうして生きていられることが、本当に幸せだなと感じます。

 畑で全力を出す気持ち良さ。みんなと協力して、何かを成し遂げる楽しさ。良い野菜を目指して、種を蒔いて水を与えて、ムシ潰しや追肥などの手入れを試行錯誤しながら進める時間。それはかけがえのないくらい、みんなと幸せを分かち合えて、嬉しい気持ちを共有できる大切な時間となりました。
 
 最初は畑が好きになれなかったり、上手くいかない事も多くて苦戦したけれど、みんなにたくさん助けてもらって、許してもらう中で、畑が好きになるだけではなく、みんなの事も好きになって、なのはなファミリーが好きになって、ここにいてもいいんだなと思う事ができました。

 ウィンターコンサートに向かう中でも、あるべき生き方や利他心の気持ち。チームプレーで、みんなと向かっていくから、できる事。なのはなファミリーのみんなだから作り出せる世界に私も引っ張ってもらいました。イベントでも、お父さんとお母さんのお誕生日会をすると、言葉にできない位、幸せな気持ちや感謝の気持ちを感じて、涙が溢れてくるし、その日の夜は布団に入っても、今ここにいられることが有難くて涙が止まらなくなります。

 NHF紅白歌合戦や今年からはフラダンス大会に、盆踊り大会。みんなで楽しんで、自分を無くして演じる時間。お父さんが教えてくれた、みんなで高めあってみんなで楽しめる時間が、心を癒してくれます。今まで私は、人の上に立たなければ落とされて、何か失敗したり、足りない所があったらバカにされてきて、必死でできる人を演じてきたけれど、それで苦しくなってきたのは誰に言われなくても、自分で分かります。

 理不尽な先生、意地悪な友達。いつ自分が虐めの対象になるのか分からないような環境。私はその中で正義を通そうとしてきたけれど、結果として先生にも友達にも馬鹿にされました。なのはなに来た時、本当に誰もが心優しく、みんなを尊重し合いながら、利他心の気持ちで生きているのを見て、私もここの世界に入りたいと強く感じたのを覚えています。虐めが存在しない環境は、今まで私が過ごしてきた、私の知っている世界には、なのはなファミリーだけなんじゃないかと思いました。

 お父さんとお母さんを信じて、お父さんとお母さんに全てを預けていい。私はその言葉を本当に信じられるまでにも時間が掛かったかもしれないけれど、その言葉にどれだけ救われたかは計り知れません。今まで自分のことは自分でして、自分のことは自分で決めて、家族の為に、家族が喜ぶように、必死で真面目な良い子をしてきたけれど、もうそんなことをしなくても、人として1人の人間として、好きでいてもらえて、理解してもらえて、認めてもらうことができる場所。

 お父さんとお母さんが「子供になっていいんだよ」「なのはなの子になりな」と言ってくれた時、本当にどこまでも深く理解してもらっているのを感じました。自分たちの事を自分たち以上に理解して、助けてくれるお父さんとお母さん。どん底まで落ちていた私を、目の前が真っ暗闇の迷路の中をさ迷っていた私を、同じところまで降りて、同じ場所に立って、一緒に良い方に、明るいほうに歩いてくれたお父さんとお母さん。私が諦めそうになって、逃げて、弱みを見せて泣いても、お父さんとお母さんが決して諦めることなく、私の事を信じてくれたから、今、私はこうして生きていられます。

「本当は違うでしょ?」「本当は治りたいんじゃないの?」何度も下を向いたまま泣き続ける私に、お父さんとお母さんは言いました。本当はよく生きたい、本当は真面目に優しく、ちゃんと治ってみんなの役に立てるような生き方をしたい。症状という名のマスクで隠れてしまっていた、利他心の気持ちを思い出させてくれたのもお父さんとお母さんです。

 話は長くなってしまいましたが、本当にお父さんとお母さんのお陰で自分は生きていられて、あの時、私を信じて、待っていてくれたから、私は生きていられます。お父さんとお母さんが、私たちを理解してくださって、本当のお父さんとお母さんになって下さったことが誇りです。お父さんの諦めない気持ち、最後まで一緒に立ち向かってくれる気持ち、勇気と責任感を本当に尊敬しています。お父さん、お母さんの事が大好きで、お父さんとお母さんの子供として、なのはなファミリーで大人になっていけることが、幸せです。

 お父さんお誕生日おめでとうございます。私はなのはなで成人式を迎えて、なのはなで結婚して、なのはなで子育てもするので、私の子供が成人式を迎えるまでは、絶対にソフトバレーでバンザイサーブを決める、元気で明るいお父さんでいてください。お父さんは私のたった1人の、世界一のお父さんです。大好きです。