「消えることのない灯りとなって」 よしえ

10月14日

 お父さん、お誕生日おめでとうございます。
 
 お父さんが、いつも全力で私たちと向き合ってくださり、理解してくださり、受け入れてくださるから、私は安心して、今笑顔で生きていくことができます。
 お父さんが、いつも全力で目の前のことに向かう姿から、人として、ちゃんと生きる姿を学ばせてもらっています。

 ずっと、出口のない真っ暗なトンネルを彷徨っていた私に、お父さんお母さんが「なのはなファミリー」という灯りを灯して、導いて下さいました。
 その灯りは、未来を明るく照らし、これからもずっとずっと、消えることのない灯りとなって未来を照らし続けてくれます。
 
 お父さんお母さんと出逢い、私は初めて、人を信じること、人を好きになること、本当の優しさ、強さを知ることができました。
 私がなのはなに来てすぐ、お父さんが私に「僕が絶対によしえを幸せにすると約束する。だから、身も心も全部お父さんに預けな」と言って下さいました。
 真っ直ぐに私を見つめ、そう言って下さいました。
 ほぼ初対面の私に、どうしてそんなことが言えるのだろうか…と、正直少し不安でした。
 でもお父さんお母さんが、日常にある幸せ、本当の幸せを、私に与えて下さったのです。それまで、たくさんの医者に出会ったけれど、私に希望を与えてくれたのは、お父さんお母さんが初めてでした。
 
 お父さんお母さん、みんなと出逢い、私は孤独ではなくなりました。
 心の中にいつも、お父さんお母さん、仲間がいるから、どんなに大変なことがあっても、絶対に大丈夫だと思えるのです。
 生きにくい社会で、理不尽と感じることがあっても、私には、お父さん、お母さん、なのはなファミリーがいる。
 そう思うだけで、自分を保つことができるのです。
 どんなに間違いや失敗をしても、何にもできなくても、お父さんお母さんが、私を好きでいて下るのを感じ、安心できます。
 
 大好きな、お父さん、お母さん、仲間のいる場所、なのはなファミリー。
 安心して帰って来れる場所、なのはなファミリー。
 そんな場所を、お父さんお母さんが、私に与えてくださいました。
 こんなにも、恵まれた環境にいさせてもらえることが、本当にありがたいです。

 スポーツ、音楽、畑…何でも知っていて、何でもできるお父さんがかっこいいです。
 全力で楽しみ、全力で喜び、全力で怒り…何でも全力で向かうお父さんがかっこいいです。
 お母さんを愛し、大切にし、何があっても、お母さんを守るお父さんが、かっこよくて大好きです。
 お父さんが、少年のように全力で楽しむ姿、少年のように全力で喜んでいる姿が、私は大好きです。

 お父さんのことが大好きです。
 いつも、本当にありがとうございます。

 未熟で間違ってばかりの私ですが、なのはなの気持ちをちゃんと自分の中に入れて、ぶれない自分を作ります。
 お父さんのように、いつまでも成長していきます。
 そして、なのはなに貢献できる生き方、誰かの希望になれる生き方をします。