「真面目に生きたい」 なつみ

10月14日

 お父さん、お誕生日おめでとうございます。
 私はなのはなに来た時、お父さんを一目見て(大きいなぁ)と思ったけれど、お父さんは、見た目だけでなくて、心もおっきくて、見ている世界がおっきくて、お父さんの姿が見えるだけで、嬉しいです。
 お父さんに伝えたい、感謝の気持ちは書ききれないくらいあるのですが、今一番感じていることは、お父さんお母さんの、なのはなの子になれて、とても幸せで、誇りです。
 優しく、真面目に生きるのをやめて、人を傷つけて自分を守ってきました。
 生き方なんか知らないです。わからないです。
 だって、みんな自分のために生きてて、自分が楽するために生きてて、誰かが泣く姿を面白く思うのが、私の知っている世界の全てでした。
 でも、私が父に捨てられてやって来た、「なのはなファミリー」は違いました。
 違いすぎて、(私はみんなみたいになれない)と思いました。
 お父さんはとにかくすべてのスケールが大きくて、お母さんは綺麗で笑顔が素敵だけど、すごく粘り強くて、力強くて、私ってとてもちっぽけだなと思ったのを覚えています。
 どんなに私が治りたくないと思っても、お父さんお母さんのお話を聞くと(私もお父さんお母さん、みんなになりたい)と思ってしまって、いくら怒られても起き上がりたくなってしまいます。明るく希望にあふれた、お父さんの答えは、(ちゃんと生きたい)そう思う心を応援してくれていて、私を理解してくれていて、そうやってなのはなでの月日を助けてもらってきました。
 優しく、真面目に生きたいです。目の前の人を大切にして幸せになりたいです。
 生き方はお父さんの背中、お母さんの背中、みんなをみて学びました。
 お父さんがお母さんと出会って作ってくれたなのはなファミリーで、私がお父さんの子供として、優しい世界をつくる仲間として、できること、出せる力、全部目の前の人のために使います。お父さんお母さんの子供、なのはなの子として、誇りと責任と、そして温かい優しさを忘れずに持ち続けます。
 おっきくて、とても温かいお父さんが大好きです。
 いつも本当にありがとうございます。とても未熟な私だけれど、これからもどうか、よろしくお願いします。

 今日も一日ありがとうございました。元気に畑で動けるように、夜の服装に気を付けて、暖かくして寝ます。毎日畑が楽しくて面白くて、明日も楽しみです。
 お父さんのお誕生日をみんなをお祝いできてとてもうれしかったし、お母さんが、卒業生のもえちゃんのお話をしてくれたのも嬉しかったです。
 おやすみなさい。