「湯気とにおいと安心」 みほ

10月8日

 今日、初めて台所に入らせてもらいました。お誕生日会のチームで20分ぐらい確認をしてから行って、行ったらもう、河上さん、なるちゃん、まあちゃん、なっちゃんが作業されていて、笑顔で迎えてくださいました。みんなが丁寧にやり方を教えてくれたので、安心してやることができました。まあちゃんが大鍋でキャベツをゆでてくれていて、上がったキャベツがすごくきれいでした。いつも畑で作業しているけれど、きれいな野菜を台所さんに届けられたら、台所さんもすごく気持ちがいいんだなと思って、また畑でも頑張りたいと思いました。
 
 その後、なるちゃんとまあちゃんと3人でカボチャを10キログラム切りました。なるちゃんが固いカボチャをザクザク切っていくのがかっこよかったです。大きいものが混ざって、火が通らないものが出ないように、スピード感を持って、すごく集中しました。台所の中は、野菜のゆで汁の湯気と匂いでしょうか、とても温かい安心する空気がありました。煮ころがし用の煮干しの頭とはらわたを取りました。私は、煮干しの煮ころがしが大好きで思わずそう言ったら、河上さんが、「日本人だもんな、こういうものが欲しくなるんよな」と言ってくださいました。いつも台所さんはこうやって一匹一匹、60人分の煮干しの頭とはらわたを取ってくださっているんだなと思いました。最後、カボチャサラダの味付けをさせてもらいました。60人の2回分カボチャを潰さないように豪快に混ぜていきました。症状が激しい頃、料理なんてできませんでした。今日、台所すごく楽しかったです。今日作り方を覚えたので、一人暮らししたらカボチャサラダ作りたいです。

 夜、質問に答えていただいてありがとうございました。後ろの暗いところを見るのではなく、未来を向いて生産的なことを考えて、成長を続けたいです。