「雨」 ななほ

10月8日 木曜日

 雨の音。雨の色。雨の香り。台風予報が見事に当たり、昨夜から雨が続いていました。空を見ると、雲はものすごい速さで動いていて、本当に雲とか空が存在していると思うと、何だか当たり前だけれど不思議でした。古吉野スクーリングも、明日で最終日となります。朝食前は、初めてなおとさんの代わりだったのですが、朝食当番にも入らせて頂いて、ちさとちゃんやまりこちゃん、木曜日のメンバーのみんなと配膳をさせて頂けた時間が嬉しかったです。

 熱々のご飯とお味噌汁から始まる、スクーリング。朝から納豆やお魚にカボチャなど、「これぞ朝ごはん」と胸を張って言えるような朝食を頂き、無事に授業もできました。今回、一緒に勉強をさせて頂いているメンバーの子が、とても優しくて面白くて、真面目で直接話はしないけれど、空気が温かいのを感じます。高校生の男の子は少しヤンチャで、反抗的なイメージがあったけれど、今回のメンバーの子は笑顔が素敵で、面白くて、明日で終わりだと思うと少し寂しいのですが、またいつか、一緒に授業ができたらなと思いました。

 午後は授業が少なかったので、後半から会の準備もさせて頂き、ゆいちゃんチームで飾り付けや2か月早いイベントの準備をしました。飾り付けをしているだけで温かい気持ちになって、心がときめいて、理由はないけれど、とても楽しいです。ゆいちゃんと、「ナイスだね。私たちの為にあるようなものだ」と話しながら、私が物を持っていくと喜んでくれたりとか、最後は歌の練習もできて準備が進んで行くのが嬉しかったです。

 数日前からグンと冷え込んでしまい、ついこの間まで半そでだったのに、今では長袖1枚では肌寒いくらいです。あの、靴下2枚重ねで、フリースを着て動きにくい冬が来ると思うと少し嫌な気もするのですが、寒さに負けない身体作りをして、いっぱい畑で動きたいなと思うし、今年は雪が降るかもしれないので、雪合戦や雪ウサギ、かまくらもみんなと作ってみたいなと思いました。

 夜はお父さんとお母さんのお話を聞かせて頂いたり、椿の笛も素敵で、お父さんの笛も嬉しかったです。夜にはよしみちゃんと歌の練習や、ツリーの飾り付けもできて楽しかったです。