「目的を意識する」 えみ

10月6日

*秋じゃがいもの追肥・土寄せ
 午前中はAチーム作業に入らせてもらい、まず初めにみんなで黒大豆の草取りをしてから山畑下の秋じゃがいもの追肥と土寄せをしました。
 黒大豆の草取りは、諏訪奥畑と山畑がAチームの担当でした。諏訪奥畑は結構広く、最初は5人だったので結構時間がかかってしまうかなと思ったのですが、いざ始めようとしているときにさきちゃん率いる何人かが来てくれました。Bチームさん担当だった畑の草取りはすでに済んでいたということだったのですが、人数が増えるとあっという間に終わらせることができてすごく嬉しかったです。

 じゃがいもの土寄せは1回目がかなり重要で、このタイミングとやり方で芋の付き具合が決まると教えてもらいました。今回はタイミング的にはベストで、土寄せもなるべく茎を埋めてあげて、かまぼこ型になるように畝を作っていきました。株元に隙間があかないように埋めてあげようとすると富士山型になりがちで、かまぼこ型にするのは難しかったです。くわを引く時に株元近くでそっと力を抜くようにすると土がより過ぎないということを教えてもらって、その通りにするとよくなった感じがしました。豆の土寄せとじゃがいもの土寄せでは目的が違って、どんな作業でもそれをする目的を意識するのが大切だなと改めて思いました。

*種まきツアー
 午後には雨前に終わらせたい種まきを2枚の畑をまわってしました。今日まいたのは人参と小松菜の2弾です。どちらも前回1弾をまいたときにもやらせてもらったのですが、今回は前と違ってかなり大人数でした。
 数人だと半日いっぱいで1枚ぐらいしか終わらせることのできない種まきも、人数がいてくれると2枚もできるということに驚きました。大人数だけれど、誰もしゃべらずみんなが黙々と目の前に集中している空気を感じました。
 人参の1弾はまだ数えるほどしか発芽していないけれど、小松菜はすでに8割ほど芽が出ているそうです。今回まいたものも、これからの雨でたくさん水を吸って早く芽を出してほしいなと思います。
 
 今朝起きたときはすごく寒いなと感じるほどだったのですが、日中太陽が出てくるとポカポカしてきて、外での作業も動きやすいなと感じました。土寄せなどをしていると少し汗ばむくらいで、時おり吹いてくる風が気持ち良かったです。明後日くらいから台風が来るそうで雨が続くみたいですが、貴重な晴れ間にできることを頑張りたいです。