「スクーリング授業」 さくら

10月5日

 今日は、希望をもらったり、自分の無責任のせいで失敗があったり、励ましてもらったり、自己否定したり、すみませんという気持ちと嬉しい気持ちのたくさんある日でした。

 午前は勇志国際高校のスクーリング授業がありました。1時間目、野田校長先生が道徳の授業をしてくださいました。風の谷のナウシカに込められた意味を3つ教えていただきました。1,自分たちの国は自分たちが守る覚悟。2,自分の幸せより他者の幸せを願って行動する覚悟。3,自然と人間の共生によって人間の活動と自然とのバランスを保つ覚悟。3つのことについて、ナウシカの生き方と、校長先生の考え方、利他心のことを教えていただきました。
 
 なのはなの卒業生の方たちが、なのはなの考え方で生き続けていることは、私たちの希望で、私も卒業生の方たちに続きたいと思います。でも、なのはなの卒業生だけじゃなくて、野田校長先生がいてくださって、もしかしたらどこか他にもお父さんお母さんのような方たちがいるのかもしれない、と思いました。今日の授業も、同じ年くらいの生徒さんたちと、15人くらいで受けさせていただけて、とても嬉しかったです。みんなと授業が受けたかったなと思いました。
 
 自分のことになってしまうのですが、3つ目の、自然と人間の共生のことを教えていただいたとき、私が気持ちが落ちたときに、お父さんお母さんが、「さくらは自然が好きだから大丈夫だ」と言ってくださったのを思い出しました。そのときは、何で大丈夫なのかわからなかったけれど、人が自然の一部ということを心地良いと感じるのは、大切なことなんだと思いました。

 春菊が今日は7,8割発芽していました! 昨日は4割ほどで、種袋に書いてある発芽率も40パーセントなのに、7,8割も芽を出してくれて、本当にすごいなと思いました。今は8ミリくらいのちっちゃな芽です。

 お父さんの山小屋のお話も、嬉しくて、いろんな人から希望をたくさんいただいて、本当にありがとうございます。
 調子に乗らないように、浮かれないように、謙虚に誠実に明日も頑張りたいです。おやすみなさい。