10月4日(日)「ホウレンソウの種まき&お楽しみ会の準備スタート!」

10月4日のなのはな

PA040006

なのはなで育てる肉厚でボリューミーなほうれん草は、とってもおいしくてみんな大好きです。
今年は約1万6000株ものほうれん草が、下町川上の畑に植わります。
今日は、ほうれん草の種まきを大人数で行いました。種は直径1ミリほどの赤い粒。
手でつまむのがやっとの、とても小さな種でした。

種まきの作業に入るのは今回が初めてで、いかに繊細な作業かということを身をもって感じました。
なにからなにまで、慎重に行わなければ、発芽に影響すると思うと、緊張感が高まりました。
人数分、培土と種を用意して、さっそく種まき開始!
ハート形の器に入った種と、それに加え培土をすくうティースプーンがおしゃれで、ワクワクしてきました。PA040011

今シーズンは、去年までの経験を踏まえ、株間と条間を狭くすることにしています。
株間は15センチ、条間10センチを測りながら、5ミリの穴をあけました。
そこへ、種を1センチ間隔で2粒まき、ティースプーン3分の1の培土をかぶせます。
その上に、ゆずちゃんとさくらちゃんがもみ殻燻炭をかけていきました。

あたりは静かで、みんなが集中している空間は、まるで時が止まったようでした。
こんなに大人数が作業しているとは思えない、静かな空気が、私を集中させてくれました。

種まきをしているとき、(これが生命の始まりなんだ!)と思うと、とても感慨深かったです。
なにしろ、1ミリが20センチ、30センチにもなるのですから。ともすれば、人間の身長を超える野菜もあって、本当にすごいなと思います。PA040010

あんなに小さな種がほうれん草になるのが信じられないくらいで、つくづく農業は面白いなと思いました。
これからたくさんのほうれん草が収穫できる日を楽しみに、みんなと手入れしていきたいです。

(さき)

***

DP2Q0329
午後はお楽しみ会に向けてチームで調べものや、出し物の枠組みを決めていきました。
各チームで第3希望まで出したテーマが無事に決まりました。
れいこちゃんチームは、初めから第1希望しか頭になく、他は考えていなかったので、第1希望に決まったと聞いた時はとても嬉しかったです。
夜、寝ながら、メンバーの顔を思い描いてどんな可能性があるのか考えていました。
1人ひとりが、その人の魅力を出して、楽しみを感じて活躍できることを想像するとワクワクしました。DP2Q0338
調べものをして、新しい知識をみんなで共有しました。
面白いネタも知って、そこから拡げてみんなで自由に発言する時間は楽しかったです。
他のチームからも大きな笑い声が聴こえてきました。今回はみんな、内緒にするのでなくみんなで協力して質の高いものを創ります。
内緒にするより、オープンな方が、気持ちがよいと感じます。DP2Q0345
今日はチームのみんなでアイデアを出して拡げていきましたが、これから具体的に形を作っていきます。
制限時間は丁度2週間です。れいこちゃんチームはやりたいことのアイデアが盛りだくさんで、取捨選択も必要です。
ちょっと、欲張りすぎている気もしますが、これから盆踊り大会の時のように最後はきっと良い形になると信じて楽しみたいです。
れいこちゃんが、日程と進め方を整理してくれて、制作物など、役割分担も決まりました。
チームのみんなと一緒に作っていく過程を楽しみたいと思います。

(まよ)