10月1日(木)「畑Bチーム近況●空心菜と白菜の手入れ」

10月1日のなのはな

 すがすがしい秋晴れ、きんもくせいの香りがして、最近毎日畑日和です。今日も新しいBチームで作業に行きました。

 まず、空心菜の追肥をしました。空心菜は、暑いのが好きな夏野菜ですが、まだ1日3~10kg収穫できています。
先日、鉄を追肥してから緑が濃くなっておいしそうです。

 少し茎が細くなって、肥料不足ぎみだったので、化成肥料を追肥しました。6~9月までずっと定期的に鶏糞を追肥していたのですが、ずっと同じ肥料を追肥していたからか肥料のききが悪くなってきて今回は化成肥料を追肥しました。畑の前面に足の踏み場がないくらい、茎が地面を這って広がっています。上から化成肥料をまくと、化成肥料の粒が茎と茎の間をぬって、地面に落ちていきました。その様子を見ているのも、面白かったです。

PA010025

 白菜の手入れをしました。白菜は、3日前に山畑西に600株定植しました。定植時に苗はあまり元気がありませんでした。全体に色が薄く生き生きしていなかったです。

 定植時に化成肥料をあげて毎日水やりをしました。セルトレーから広い畑に出て少しだけ元気になったと感じました。いいぞこの調子だ、もっと元気になってもらおうと今日は硝酸カルシウム、窒素、リンの液肥をやりました。6Lジョーロに液肥を入れ、1ジョーロで30株、株にあたって肥料やけしないように、1株1株あげていきました。

PA010028
〈ハクサイが植わっている、山畑西です〉

PA010035

PA010039

 また、コオロギ、ヨトウムシによる食害が1割弱ほどの株に出ています。その対策として、防除チームさん特性万能防除をやりました。唐辛子や焼酎が入っていて、結構匂いがします。白菜にかけたらキムチが出来そうな――まだ、定植3日後の株でした。食べられている株の周りは必ず掘って害虫を捕殺していきます。早く虫に負けないくらい大きくなれ、今日の手入れがどんな効果があったか、明日見に行くのが楽しみです。

PA010032
〈万能防除〉

 日が短くなっていて作業後帰る時の夕焼けがとてもきれいで、明日も、畑に出るのが楽しみだなという気持ちになります。夏野菜は最後まで、冬野菜はスタートダッシュで軌道に乗れるように、心を込めて手入れしていきたいです。

(みほ)

***

DSCN8986

 Aチームでは、昨日まいたコマツナのそばに、蟻トラップを仕掛けました。
ヨーグルトパックに窓をつくり、地上から上りやすいスロープをつくるように設置して、砂糖水と食器用洗剤のプールへと蟻をご招待します。

DSCN8989

DSCN9020
〈崖崩れ下ハウスに春菊の種をまきました!〉

DSCN9011

DSCN8984
〈地這いキュウリも元気に育ち、実をつけています〉

***

 午後、盛男おじいちゃんのお宅で、紫黒米のもみすりをさせてもらいました。
一昨日、乾燥機にかけてもらった紫黒米は、14.2%になっていました。
乾燥機からもみすり機に紫黒米が流され、もみすりをします。

PA010056

 2つのゴム・ロールがあり、それぞれ違う速さで回っているのですが、その間に脱穀された紫黒米がもまれ、もみすりされるという仕組みです。
その調整が強すぎたら、つぶれてしまうし、弱すぎるともみすりできないと教えてもらいました。

 そのモーターでもみすり仕切れなかった紫黒米は、選別され、再度もみすり機に戻る仕組みです。

 こうしてもみすりされた紫黒米は、米袋に入れられ、計量され、30キロになったら、自動的に止まるという仕組みでした。

 今日袋詰めされた紫黒米は、21袋強。約10俵半の紫黒米になりました。
みんなで手植えをして、みんなで手刈りをした紫黒米。
みんなの手によってできた紫黒米は、豊作でした。
みんなの笑顔が浮かんで嬉しかったです。

(よしえ)

PA010047
〈盛男おじいちゃんが使わせてくださっている乾燥籾すり機で。 今年は約1.5aの光田んぼ下で作った紫黒米。全部で10.5俵の収穫でした。 また、うるち米の2020年収量は、反あたり平均8俵でした〉

***

IMG_4751
〈中秋の名月がくっきりと見える夜でした〉
IMG_4778
〈中庭ではコスモスの花も、夜風に揺れていました〉