「最大限尽くす」 えみ

9月29日

*ニンジンの種まき
 午前中にはまりこちゃん、けいたろうさん、さりいちゃんと一緒にニンジンの植わる池上三角畑の畝たてをしました。ニンジンは土質が固かったり石が多いと曲がってしまったり、また割れしてしまったりして綺麗に真っすぐ育ちません。今回は畝を立てる前に草や石を取り除き、さらに高畝にすることによってニンジンの根が下に伸びていってもふかふかな土の中で成長できるようにしました。
 畝たての時はまりこちゃんがリーダーをしてくれたのですが、4人でなるべく真っすぐな美しい畝を意識することができました。高さも25センチ以上にしようということを言ってくれて、その通り高畝をみんなで作れて嬉しかったです。

 午後にはやよいちゃん、つきちゃん、さくらちゃんと種まきをさせてもらいました。最初にお父さんも畑に来てくださって種のまき方を確認させてもらえたので安心でした。でも、ニンジンの種は発芽率が低くて、しかも今回は1粒まきということだったのでちゃんと芽を出させることができるか種まきにかかっているかと思うとすごく緊張しました。

 ニンジンの種は最近まいた大根や蕪と同様、畝の上に少しくぼみをつけてその上に培土、さらにその上にもみ殻燻炭をティースプーン1杯ずつくらいかぶせました。ニンジンは大体4条くらいでまいていったのですが、それだと株間が狭くなりすぎてしまうので、お父さんがそれぞれの条で4粒直線にまくのではなく少しずらすといいということを教えてくれました。ほんの少しの工夫だけど、そしたら株が大きくなった時にも葉がかさばりすぎないのですごくいい方法だなと思って勉強になりました。
 不織布をかぶせて水をやるところまでしっかりすることができたのできっと芽が出てくれると信じたいです。
 
 読んでくださりありがとうございました。
 


 
9月30日

 この間から新しい役割をもらい、毎日日記を書く暇がないほど忙しいことにびっくりしています。でも、その分すごく充実していて楽しいです。自分が自分である時間が減ったというか、ただ目の前のことに集中していると、ある意味気持ち的に楽になったような気もします。ただ、急に人とコミュニケーションをとる場面が増えて、私は人と関係を取ることが苦手で今までずっと逃げてきたこともあって上手く伝えたいことを伝えるのは本当に難しいなと感じます。また、頭がいっぱいになって焦ってしまうとすぐにミスをしてしまうのを実感しているので気をつけたいです。なのはなのみんなが優しくて、誰も一人にせず何か困ったことがあったら助けようとしてくれるのが本当に救いです。リーダーのやよいちゃんやみんなの姿からたくさん吸収して自分に足りない力を学んでいきたいです。 

 先日の集合でお父さん、お母さんから聞かせてもらった話が頭にこびりついています。わがままで、意地悪な人はなのはなを卒業してからもいい人生を生きられない。完全に病気から立ち直れるのは、真面目で、利他心があり、優しくて、よく生きたいと頑張り続けた人だけです。なのはなを仮住まいにしていないか。そう問われたとき、正直自分は少なくとも何割かはそう考えてしまっていた節があると思いました。なのはなで過ごしている今も、人生の一部です。このくらいでいいやという甘い考えを捨てて、とにかく真面目に、日々できることに100パーセントの気持ちで向かいたいと思いました。頭と心をしっかりと使って目の前の人や野菜に最大限尽くしていきたいです。
 
 
*野菜切り
 一昨日くらいから朝食後、昼食後のABパターンで野菜切りをさせてもらっています。野菜切りに入って一番初めに驚いたことは、カットする野菜の量の多さです。家族70人分となると相当な量であることは想像がついていたけれど、実際ボール山積みになったピーマンやキャベツを目の前にするとびっくりしたなと思います。
 野菜切りは、すごく楽しいです。そして勉強になります。この間じゃがいもを乱切りにするということがあったのですが、乱切りにすることで表面積が広くなり、野菜に熱が通りやすくなるのだということを教えてもらいました。また、とれたてのキャベツを今朝カットさせてもらって、実がしっかりつまっていてみずみずしくて、みんなの手入れのおかげで立派な野菜がたくさんとれているのが嬉しいなと思いました。

 読んでくださりありがとうございました。