「紫黒米の脱穀」 りな

9月28日

 午前は紫黒米の脱穀の作業に入らせてもらいました。永禮さんがコンバインに乗ってきてくださったり、盛男おじいちゃんも来てくださったことが嬉しかったです。
 光田んぼ上にハゼたてをしたのは、9月10日の手刈りの日。ついこの間のようで、もう18日も経ったんだなあと思って驚きました。ハゼを盛男おじいちゃんと立てた日や、手刈りでみんなとハゼを立てた日のことを思い出して、もう脱穀なんだなあと思って嬉しかったです。

 二重にも重ねたハゼは、1つも倒れずに立てた時のまま色だけ変わっているのが凄いなあと思いました。ハゼを立てた日は、葉や茎が黄緑色だったのが、よく見慣れた藁の色になっていて、当たり前のことのようだけれど、初めて稲が藁になるところを間近で知りました。
 永禮さんがコンバインをハゼの隣に着けて下さって、脱穀が始まりました。みほちゃんとりんねちゃんがハゼから稲束を取って永禮さんに渡し、永禮さんがコンバインに入れて脱穀して下さいました。ベルトコンベアーみたいな、歯車みたいなところに稲束が入っていくのがとても面白くて、コンバインが稲を食べているみたいだなあと思いました。

 最初は今年の締め縄用の藁を取るために、もみだけ取られた藁が縛られたまま出てきました。私は、その中からもみを探して拾う役割でした。
 藁が一山出来たところで、次はさっきまで藁が出てきていたところからぶわーんと猛烈な風と共に砕かれた藁が飛んできました。びっくりして、コンバインのガーーという音や、風が迫力があって、かっこいいなあと思いました。コンバインにはからくり仕掛けみたいにたくさんのことが出来るんだなあと思って、中にはどんな仕組みがあるんだろうなあと思いました。

 コンバインから出てくる砕かれた藁を広げながら、落穂ひろいをしました。どんどん藁が出てくるので、コンバインに追い付くように必死に手を動かしました。藁のなかからもみを見つけるのが、間違い探したみたいでとても楽しかったです。

 ハゼの稲がどんどん減っていって、コンバインもどんどん進んでいきました。追いかけながら、ハゼの解体もしていきました。
 盛男おじいちゃんと一緒に立てたハゼを解体するのは名残惜しい気持ちになりました。1本ハゼが無くなっただけで、田んぼがガランと見えて、少し寂しい気持ちになりました。
 
 でも、もみがパンパンに入ったコンバイン袋はどんどん増えていきました。袋を持たせてもらうと、米袋より重くて、持つと前のめりになってしまいそうなほどずっしりと重たくて、お米がたくさん集まったらこんなに重くなるんだなあと驚きました。これほど重い稲を支えていたハゼが凄いと思ったし、倒れないハゼを立ててくれた盛男おじいちゃんが凄いなあと思いました。

 脱穀をしていると、時間があっという間に過ぎて、気が付けば全部脱穀が終わっていました。みんなの顔を見ると、すすがついていて、笑顔で、とても嬉しくて達成感がありました。動いているコンバインをこんなに近くで見るのも初めてで、パワーをもらいました。今日脱穀したもみは、午後にもみすりされると聞きました。お米をみんなで美味しく頂くためには、たくさんの工程があるんだなあと知りました。改めて、自分たちで育てた野菜を美味しく頂けていることが恵まれているんだなあと思いました。
 
 午後は白菜の定植をBチームのみんなで出来たり、Aチームさんやタンクの補充の人も来てくれて、みんなで5時ぴったりに終わらせられて、とても達成感があって嬉しかったです。チームは違うけれど、みんな一体になって作業出来て、楽しかったなあと思いました。

 明日も精一杯頑張りたいです。