【山小屋便り9月号】「浴衣の着付け教室を通して」 いよ

 河上さんが浴衣の着付けを教えて下さいました。

 なのはなで行われる盆踊りに向けて、少し日をあけて2回、着付けを教えて下さいました。

 盆踊りのチームごとに、ペアになりました。

 河上さんが説明しながら実際に着付けを見せて下さり、その後に同じように着付けていきました。教えて頂いたあとに、すぐ実際に自分で着てみる事ができて嬉しかったです。

 

 

 着付け方を聞いている時に、自分でもそれをやろうとしていると聞き逃してしまうと聞いて、まずは見て、やり方を覚える必要がありました。

 難しく感じましたが、ペアの人とお互いを見ながら着付け方を確認していきました。

 浴衣の各部分の名称も、河上さんが教えて下さいました。

 裾は足に当たっている感覚で調節する。少し端を上げて合わせる事で後々スカートのように広がらないようにする。時間が経って、はだけてしまわないよう前の合わせ目を深くする。紐は団子になって苦しくならないよう普通に結ばず、2回巻き付けるようにして交差させるなど、なぜそのようにするかという理由も合わせて教えて頂きました。

 河上さんに浴衣の着方を教えて頂けて嬉しかったです。