「本気で生きる」 ひろこ

9月27日

 お父さん、お母さん、真剣に向き合って下さって、本当に本当にありがとうございます。
 今日のお昼の集合でのお父さん、お母さんのお話を、絶対に絶対に一生忘れずに生きたいです。きちんと心に落としたいです。

 卒業して、症状が出る人、出ない人の違いをお父さんが教えて下さいました。
 我が儘で、意地悪な人は、症状が出る。利他心で、優しい人は、症状が出ない。
 そして、心を使う。頭を使う。自分の言葉で、自分のニュースを発信すること。
 畑に行って、害虫がたくさんいることを見ていても、何もしないのは、何も考えていない、心を遣えていない。何も見ていないのと同じ。
 流してはいけないこと。真面目に、一生懸命責任を負って頑張っている人を落としてしまう。流してはいけない。
 食事のコメントで、誰かの発したことにたいして、○○ちゃんの話が嬉しかったです。というのは、何のニュースもない。当たり障りのないことだけを言うのは、何の進歩もない。成長出来ない。
 なのはなの生活は、仮の人生ではない。お手伝いではない。今を本気で生きないと。ちゃんと生きないと。
 
 真っ直ぐに受け止めます。
 お父さんお母さん、みんなにとても申し訳なく、いたたまれない思いです。しかし、落ち込んでいても、暗い顔をしていても、閉じこもっていても、何も始まらない。誰の為にもならない。それこそ、生きている意味がないので、前を向きます。ちゃんとするしかないです。これから変わるしかないです。前向きな所にしか答えはないです。
 ちゃんと生きたいです。誰かの役に立つ人生にしたいです。言葉だけ出なく、口先だけの人間になるのではなく。行動していきます。自分自身の人生に、発言に、行動に責任を持って、責任をとっていきます。本気でいきます。目の前のことに一生懸命、精一杯、本気で取り組みます。自分を守らず、逃げずに、向かっていきます。
 自分を変えます。ただ存在する人ではなく、みんなの役に立てるよう、精進します。本質を捉え、動いていきます。
 
 みんなのプラスになるように。ひっぱっていくくらいでないといけないと思います。ちゃんとします。しっかりします。頭と心を使って、前向きに生きます。自分の意志を持って。