「りんねちゃんのお誕生日」 さくら

9月22日

 今日は、りんねちゃんの19歳のお誕生日でした。
 りんねちゃんは、いつも、真面目で誠実で、一生懸命であり続けている姿がかっこよくて、尊敬しています。桃のネット作りに一緒に入らせていただいて、ネットをたたむとき(だったかどうか記憶が確かではありませんが)、りんねちゃんが、こんなふうにたたんだらどうか、というアイディアを出してくれて、巨大なネットをたたむのを、「私が提案したやり方だから、最後まで責任をとらせてください。」と、最後まで諦めない姿が、とてもかっこよかったです。
 りんねちゃんが、畑で、キラキラした笑顔で作業していると、自分も、すごく楽しくなります。
 りんねちゃんとは、なのはなに来る前に和で会って、なのはなに来させていただく前、ホームページで、りんねちゃんの日記を読ませてもらって、希望をもらいました。なのはなに来てから、りんねちゃんがシスターさんをしてくれて、私は来た時、誰かとずっと一緒にいるのが苦手だったけれど、りんねちゃんと毎日したお風呂掃除がとっても楽しくて、最近は一緒に掃除をさせてもらうことはないけれど、また一緒にできたら嬉しいなと思っています。
 りんねちゃんのことが大好きです。これからも、一緒に生活させていただけることが幸せだなと思っています。

 午前中は、結婚式の感想文書きの時間をいただきました。書かせてもらっていて気づくこと、感じることがたくさんありました。お母さんが教えてくださった、自分のことは考えずに、りゅうさんとあゆちゃんをお祝いする気持ち100パーセントで向かおう、ということは、結婚式だけのことではなくて、日々の生活も同じで、そんなふうに、結婚式の準備のなかで教えていただいたことがたくさんありました。

 朝食前と、午後に畑作業をさせていただきました。朝は、パプリカとピーマンの水やり、午後は、オクラとピーマンの水やりと、ピーマンの剪定をさせていただきました。やよいちゃんが考えてくれて、吉下のピーマンは、朝500L、夕方1000Lで水やりをしました。朝に1000Lだと、昼間、気温が高くなったとき、高温多湿状態で、白絹病がでやすくなってしまうのですが、夕方に1000Lだと、夜気温が低くなって、白絹病は出にくいのと、ピーマンも涼しくて水がたくさん飲めて、良いのかなと思いました。

 お父さんが発表してくださった、バンドを作って、12月に演奏する、という場で、一緒にやりたい人とやりたい曲があるんだけれど、勇気がでないという状況です。誘えてはいないのですが、考えると、ワクワクします。